今日のサウンドハウスSALE情報!

【2019年】無人島にDTMプラグインを5つ持っていくとしたら?【おすすめ】

無人島にDTMプラグインを5つしか持っていけないとしたら何を選びますか?

めちゃくちゃな前提条件ですが、外国人はこういうの好きなようです╰(◉ᾥ◉)╯

Desert Island Mic Pres

楽しそうだなー。

ということで、僕もあえてプラグインだったら何かな?と考えてみました。

そしたら結局ど定番に落ち着くのですね。

2019年の現在でもバリバリ使いまくってるやつ。

さて、独断ですが書き出してみましょう!

iZotope Ozone 8

これはミックスからマスタリングまで、絶対外せないマストアイテム!

一回使ったらも~うしよう元には戻れません。

 iZotope ( アイゾトープ ) / Ozone 8 Advanced マスタリングソフト サウンドハウス

iZotope ( アイゾトープ ) / Ozone 8 Advanced マスタリングソフト サウンドハウス

前にも記事にしてますが、これ一つ持っていれば仕上がりのクオリティーがぐんと伸びます。

トラック単体でもよく使いますね。

というか使いまくり

特にDynamicsとDynamic EQが、処理のしやすさ、使いやすさの群を抜いていて最高!

かなり細かいところまで追い込めます。

トラック単体でDynamicsなどの個別プラグインを立ち上げるには、上位版のOzone Advanceを購入が必要ですが、買う価値ありです。

色付けも非常に少なく透明な音色なので、マスタリングだけでなく繊細なミックスにもバシバシ使えるプラグインです。

無人島に持ってきます。

Waves Vocal Rider

Wavesで一位二位を争うほど手放せないのがVocal Rider。

Vocalの音量をコンプを使用せず整えてくれます。

真ん中のフェーダーが自動で上下に動き、DAWでオートメーションを書くような作用をトラックに与えてくれます。

関連記事

コンプレッサーではないので、非常にナチュラルにダイナミクスをコントロールできてこれでしか得られない効果があるんですよね。

 WAVES ( ウェーブス ) / Vocal サウンドハウス

WAVES ( ウェーブス ) / Vocal サウンドハウス

バンドルだとこの中に。

単体でも購入可能です。

ご存知Wavesはよく叩き売りセールを行っているので(笑)安い時なら29ドルとかで買えたような、、、?

ボーカルのオートメーションを書くのってすごく面倒なので、少しでも楽したい方におすすめ。

これを使って、あと少し手直しすれば良い感じのトラックになってくれますよ(´◔౪◔)◞

無人島に持ってきます!

UAD Little Labs VOG

これもやっぱり持ってかないと!

低域補正用のプラグインです。

キックやベースの「ウンウン」言ってるところを盛りたい時にめっちゃ多用してます。

EQじゃないので、盛ることしかできませんが、あり得ない盛り方ができるのはこのプラグインだけ。

Waves Bass riderも似たようなプラグインですが、ナチュラルさが違います。

VOGは「どっからこんな低域がやってくるんだ、、、?」って感じに盛ってくれます。

カッコいいんですよウンウンな感じも。

UADプラグインの中でもトップラスに好きなやつです。

UADを使うには専用のDSPが必要なので、これも一緒に無人島に背負って行きます。

 UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / UAD-2 Satellite Thunderbolt OCTO CORE サウンドハウス

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / UAD-2 Satellite Thunderbolt OCTO CORE サウンドハウス

当サイトではUAD関連の記事書きまくっているので、もしよろしければ合わせてお読みください(´◔౪◔)◞

無人島万歳!

Waves Renaissance Axx

Wavesのルネッサンスシリーズもマスト!

R-voxとどちらにするか迷いましたが、Renaissance AXXはVocalにかけてもいい感じなので、断腸の思いでこちらに決定

本当はルネッサンスバンドル全部持っていきたいです。

 WAVES ( ウェーブス ) / Renaissance Maxx サウンドハウス

WAVES ( ウェーブス ) / Renaissance Maxx サウンドハウス

どの楽器にかけてもいい感じにまとめてくれるプラグイン。

角の立ちにくいまろやかさのあるサウンドがたまりません。

一体何年まえに発売されたものなのだろう?というくらい、クラシックなプラグインでもあります。

あってるかわかりませんが、ヴィンテージプラグインですよね。

デジタルもので、こんなに今でも使いたいエフェクトってそんなに多くない気もします。

L1シリーズとかはもう一切使いませんし(たまにL2使うくらい)

ここまでくると10年後も使っていそうです。

Waves/Renaissance AXX【期間限定キャンペーン】【オンライン納品】【在庫あり】

無人島どころか、あの世にも持っていきたいプラグイン。

UAD EMT250

そして最後にリバーブ一個くらいは欲しいなというところで、ど定番のEMT250を選びました。

これがあれば、とりあえず空間系はなんとかなりそうです。

足りなかったら、洞窟で録音をします。

250独特のスモーキンな音響空間はやっぱり外せないですね。

残響多めに設定して使うのが好きです。

まとめ

もし無人島にプラグインを5つ持って行くとしたら?

の僕の選定でした。

これはDTMer各自でかなり変わってきて面白そうですね(((༼•̫͡•༽)))

僕はどちらかというと録り音の時点で音を作り込みたい派なので、マストになってくるのはナチュラル志向のプラグインが多いのかな?とも思います。

どのプラグインもゲットして損はないやつなので、もしチャンスあればお試しいただければとも。

お読みいただきありがとうございました!