サウンドハウスのBlack Friday情報をチェック!

DTM環境にアナログミキサーを導入!SSL X DESKとこれからの構想

録音環境にアナログミキサーを導入することにしました(´◔౪◔)◞

SSL X DESK!

以前持っていたのですが、手放してしまったミキサー。

再度ゲットしました(`・ω・´)

わざわざまたミキサーを手に入れて何をしたいのか?できそうなのか。

ただの日記です(´◔౪◔)◞

SSL X DESKが生産終了に!

いきなりですが、SSL X DESKは生産終了になったようです、、、。

また欲しいな〜、なんて思っていた矢先の発表でした。

 SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック ) / X-Desk  サウンドハウス

SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック ) / X-Desk サウンドハウス

サウンドハウスでも販売終了、、、。

生産終了になった理由はわかりませんが、現在SSL SiXがとても人気ですよね。

 SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック ) / SiX アナログミキサー  サウンドハウス

SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック ) / SiX アナログミキサー サウンドハウス

こちらは2019年に販売開始した最新のSSL小型ミキサー。

値段もリーズナブルですが、機能面もやばいです(笑)

SSL X DESKにはマイクプリ/EQ/コンプはついてないですが、SiXには全てついてます。

更にバスコンプやトークバック用のコンプまで( ・ὢ・ )

バスコンプはもちろんSSLのあのバスコンプ。

細かい設定はできない簡易バージョンのようですが、かなり音は良いようです。

このミキサーが人気すぎてX DESKはもうディスコン、、、となってしまったのかな。

普通に考えてSiXの方がお得感ありますもんね( ・ὢ・ )

サミングミキサーを使うと音がどう変わるのか?X DESKで威力をテスト!

なんでX DESKを買ったのか?

じゃあ、なぜ僕はわざわざ古くて高くて生産終了品のX DESKを買ったのかというと。

このミキサー、改めて説明書読んだら色々とヤバイということに気付いたからです。

僕がミキサーで「これできたらなー」と思ってたこと、全てできる仕様になってました( ・ὢ・ )

以前持っていた時は全く使いこなせてなかったようです、、、。

ただのサミングミキサーとしてしか見てなかった。

ちなみに、X DESKはもう国内に在庫がなかったので、海外から輸入しました。

まさか、またSSL小型ミキサー新型が出るんですかね。

アナログミキサーでこんなことをしたい!

サミングミキサーとしてはもちろんのこと、せっかくミキサーを導入するならこんなことをしたい!

と妄想していたことが、

  • 12ch以上トラックがほしい
  • 各チャンネルにインサート回路がほしい
  • 各チャンネルにセンドリターン回路がほしい
  • メインステレオアウトにもインサート回路がほしい
  • プロ品質の音が良い
  • できるだけコンパクトでお手頃のものが良い

といった点( ・ὢ・ )

インサートやセンドリターンには手持ちのアウトボードを挿します。

色々な機材を探しましたが、これが全部できるのは、SSL X DESKだけでした。

特にchごとのインサート&センドリターンができるミキサーってほとんどないんですよね。

SSL SiXはch1と2とメインアウトにインサート機能が備わってました!

SiXにするかギリギリまで悩みましたが、、、

8ch分インサートできるX DESKを取りました。

手持ちのアナログ機材をフル活用するため

インサートにやたらこだわりがあるのは、コツコツ買い集めてきたアナログ機材をフル活用したいからです。

AIFの入出力数に限りがあるため、全てのアウトボードを常時繋ぎっぱなしにはできません。

そのため使いたいアウトボードをつなぎ変える必要があるのですが、使うたびにケーブルを抜き差しするのは非常に面倒です。

効果を確認するA/Bテストもできません(ボタンでイン/スルーができないため)

パッと使いたい時に使えないと、「まあいっか」ともなりがち。

プラグインのなんと楽なこと( ・ὢ・ )

楽曲制作中のトライアンドエラーをもっと効率的にできたら、もっとDTMが楽しくなるなと思ってました。

ヴィンテージ系機材ももっと使いたいんですが、ボタン一個で接続を変えられたら最高だなと。

X DESKだったらこれらが可能です。

D-SUBケーブルがたくさん必要に

X DESKはかなり細かいルーティングが可能なため、フル活用しようとすると接続するケーブル数も膨大になります。

画像参照URL

これだけの機材と繋げます。

D-SUB 25ピンケーブルもこれだけ必要になります( ・ὢ・ )

とりあえずbeldenのやつを5つ用意。

更にmogamiの先端フォン型のD-SUBを一つ用意しました。

ケーブルだけでもかなりな出費(;´༎ຶД༎ຶ`)

D-SUBケーブルたけえ。

D-SUBの自作は流石に面倒なので、今回一生使う分を買うつもりで思い切りました、、、

 BELDEN ( ベルデン ) / ECDM-1908A-T-02  サウンドハウス

BELDEN ( ベルデン ) / ECDM-1908A-T-02 サウンドハウス

 BELDEN ( ベルデン ) / ECDF-1908A-T-015   サウンドハウス

BELDEN ( ベルデン ) / ECDF-1908A-T-015 サウンドハウス

BELDENのD-SUBは取り回しも楽で使いやすいですね(´◔౪◔)◞

mogamiのやつも今回初めて使ってみましたが、とても良き質感。

先端は全てノイトリックのフォン。

抜き差ししやすいです。宮地楽器さんのオリジナル?アイテムなのかな。

配線、

に次ぐ配線。

まとめ

以上、配線関係を進めている途中なので、使い勝手やミキサーの音質などはまた後日追記させていただきます(´◔౪◔)◞

SSL X DESKの設置完了!DTMや録音作業でのアナログミキサー接続/使用例

とりあえずX DESKは、外装の質感がとても高級でグッときます(;´༎ຶД༎ຶ`)

つまみやフェーダーの質感もさすがSSL。

とはいえ正直、SiXミキサーもまだとても気になってます( ・ὢ・ )

一応X deskとチェインすることもできそうなのでチャンスがあったら試してみたい〜。

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ