MENU
サウンドハウスのSALE情報を見る

Neumann TLM49使用感レビュー!コスパに優れた最高の一本!

先日遊びに行った知人のホームスタジオで、Neumann TLM49をテストさせていただきました(´◔౪◔)◞

兼ねてから非常に気になっていた一本。

自前のNeumann M149も一緒に持ち込んで比較も。

-Neumann TLM49-

レビューを探している方のご参考になれば幸いです!

*過去記事を加筆修正しました

目次

TLM49にはM49やU47と同じマイクカプセルが採用されている

Neumann TLM49には同社M49、U47と同じマイクカプセルが使用されています。

Neumann M49、U47といえば音楽機材史の伝説!

ご存知名機中の名機です。

NEUMANN M49B by Blue Microphone Factory full Maintenanced | eBay

M49もU47も現行では手に入らないため、もし欲しいのならば中古市場をくまなく探すしかありません。

それに加え、取引されている価格は目の玉が飛び出るほど高額!!!

またとても古いものなので、状態が良いものは中々手に入りません。

そんな現状の中、ノイマンが僕らにリリースしてくれるのが、今回のテーマTLM49となります。

また、現行機種としてさらに上位機種のM149というマイクもあります。

こちらにもTLM49と同じマイクカプセルが装備されています(´◔౪◔)◞

あわせて読みたい
Neumann M149導入レビュー!現代最高峰真空管マイクの一つ! ずっと欲しかった真空管マイクロフォンNeumann M 149の導入レビューです(´◔౪◔)◞ 実際に手持ちのマイクと比べてレビューをしてみたいと思います。 とりあえず一言、本当...

TLM49とM149の違いについて

現行機種TLM49とM149の違いについてもざっと説明を!

  • TLM49はファンタム式のコンデンサーマイク
  • M149は真空管式のコンデンサーマイク

となってます。

-Neumann M149-

ファンタム式コンデンサーマイクは音が面になってガッツが出やすく、真空管マイクは立体感のある表現が得意だと僕は思ってます( ・ὢ・ )大まかに。

また、M149は指向性の切り替えが9段階ありますが、TLM49は単一指向性のみ

TLM49はヴォーカル録音やアコースティックギター等の割とクローズドめなマイクとして使うのに適してます。

付属品にも違いがあります。

  • TLM49に付属しているのはサスペンションのみ
  • M149は専用電源、ケーブル、サスペンション、アルミケース等
がそれぞれ付属しています。

他にも細かいスペックの違いがありますが、僕はスペックにはあまり興味がありませんので、、、、

詳しく知りたい方は以下リンクよりご確認ください(´◔౪◔)◞

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM49 サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM49 サウンドハウス

 NEUMANN ( ノイマン ) / M149 Tube サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / M149 Tube サウンドハウス

見た目はそれぞれ形が似てますね。両方とも胴体が太いのが特徴的!

U47よりもM49に近いフォルムです。

そして、それぞれの価格は、、、、結構、差があります。

M149 はやっぱり高いですね。

TLM49 vs M149

というわけで、実際それぞれを聴き比べてみたレビューです(´⊙౪⊙)۶

思いの外、それぞれの質感はあまり似ていないと感じました。

同じマイクカプセルを使っていても、ずいぶんインプレッションは違います。

まず印象的だったのは、TLM49の方が録り音のセッティングがしやすいこと。

マイクプリ+コンプに繋げばすぐにノイマンらしい良い音で録音できました(笑)

逆にM149は集音能力が高すぎるためか、部屋鳴りの影響を大きく受けやすいです

実は、これが結構厄介でして。

  • 音像の大きさ
  • 腰の座り具合
  • 臨場感

に関してはやはりM149に軍配が上がりますが、総合的な扱いやすさの点ではTLM49の方がいいかもと思いました。

自宅録音、DTM用途だったらTLM49の方がストレスなくしっくり来るのでは、、、という気がします。

M149はフラッグシップモデルということもあり、音響が整ったスタジオで使用されることを前提に作られています。

そのため吸音材等でブースのライブ感を追い込んでおかないと本来の実力は発揮しづらいかもしれません。

僕は音響的にクリアしたい目標がありM149を購入しましたが、正直部屋鳴りには随分悩まされました、、、。

今ではなんとか自分なりのベストポイントを掴むことができましたが、高性能マイクにはそれなりの環境も必要なようです。

という感じで!TLM49はとても扱いやすく素晴らしいマイクだと思います。

というか、音もとても良いです(´◔౪◔)◞

    とてもナチュラルな音色

    TLM49単体の印象としては、とてもナチュラルで気持ちの良い音でした。

    解像度も申し分ありません。

     NEUMANN ( ノイマン ) / TLM49 サウンドハウス

    NEUMANN ( ノイマン ) / TLM49 サウンドハウス

    ノイマンっぽさはもちろんありつつ、無駄にピーキーな感じもなく、自然にすっと耳に沁みて来る音です。

    U87のような分かりやすい派手さはないですが、ジャンルに縛られず、汎用性の非常に高い音。

    どんな楽器に使ってもいい結果を出してくれそうな質感。

    メインマイクで使っても十分に期待に答えてくれるクオリティであることは間違いなし!

    もう、このレベルまでくると自分の感覚に「しっくりくるかこないか」という段階かと思います。

    僕は僕のポリシーでどうしてもM149をてなづけたいので、このマイクを買うことは多分ありませんが、絶好の機会があれば絶対欲しいやつ。

    知人が手放す時は、全力で値段交渉します。

    TLM102よりもずっと良いです

    ちなみにノイマンコンシューマーモデルのTLM102と比べると、TLM49の圧勝です(´◔౪◔)◞

     NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102 NICKEL サウンドハウス

    NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102 NICKEL サウンドハウス

    集音の安定度が段違い。

    あくまで僕個人の意見ですが、TLM102を買うなら同価格帯のオーテクマイクやAKGの方がおすすめです。

     NEUMANN ( ノイマン ) / TLM103 サウンドハウス

    NEUMANN ( ノイマン ) / TLM103 サウンドハウス

    もしくは、見た目そっくりなTLM103。こっちはとても良いです!

    しっかり集音してくれます!

    あわせて読みたい
    NEUMANN TLM102のレビュー。ノイマンだけど、、使い辛いマイクかも ノイマン TLM102のレビューです。 高価格なNeumannマイクの中でも最も手の出し易い価格設定で、販売開始時にはかなり話題になりました。 -TLM 102- TLM102の発売前には...
    あわせて読みたい
    audio technica AT4040の使用レビュー!本格派!な音を3万円台で実現するコンデンサーマイク audio technica AT4040の使用レビューです(´◔౪◔)◞ 先日レビューしたaudio technica AT2020がとても良かったので、 上位機種のAT4040も追加で買ってしまいました。 オー...
    あわせて読みたい
    AKG C214コンデンサーマイクの使用レビュー!高域がキラッと抜ける音楽的な一本! AKG C214コンデンサーマイクのレビューです(´◔౪◔)◞ 初心者用マイクからのステップアップとして人気の本機。 入門用マイクとの音質の差はどれくらいなのか? AKGマイクの...

    まとめ

    Neumann TLM49はとてもクオリティが高いマイクでした!

    ノイマンの現行品の中でも価格と音質のバランス面ではトップレベルだと思います。

    コスパがいいノイマンマイクが欲しいなら、とてもおすすめできる逸品!

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    あわせて読みたい
    NEUMANN(ノイマン) U87aiの使用レビュー!やっぱり最高峰!音源あり NEUMANN U87aiのレビューです(´◔౪◔)◞ 2020年、キャッシュレス還元が終了する前にまた買い直しました。 色々あってこれでU87aiを所有するのは3回目です。 いやあ、最高で...
    あわせて読みたい
    Neumann M149導入レビュー!現代最高峰真空管マイクの一つ! ずっと欲しかった真空管マイクロフォンNeumann M 149の導入レビューです(´◔౪◔)◞ 実際に手持ちのマイクと比べてレビューをしてみたいと思います。 とりあえず一言、本当...

    あわせて読みたい
    Neumannマイクの特徴と10機種の使用感レビューまとめ【おすすめノイマン】 Neumann(ノイマン)といえばDTMに携わっている方ならば、一度は耳にしたことがあるであろうメジャーなマイクブランド。 -何のソースに使っても間違いないNeumann M149-...
    あわせて読みたい
    DTMにおすすめのマイクは?買ったらずっと使える10選!無駄にならないマイク選びに DTM用のマイクを厳選してご紹介します! テーマは「ずっと使えるマイク」(´◔౪◔)◞!! 初心者の頃から使い始めて、上級者になってもまだ使えるマイク。 そんなマイクと出...

    お得に機材をゲットしよう!

    サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。2000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

    IKEBE楽器は、品揃え国内最大級のショップ。他のショップで見つからないアイテムもここなら見つかるかも?!是非チェックして欲しいお店。渋谷にある巨大な実店舗は圧巻。

    PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

    Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

    Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

    ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。英語がわからなくてもなんとかなります。

    注目の編曲サービス!

    Super dolphinは、今注目のオンライン編曲サービス。第一線で活躍する編曲家チームが88,000円であなたの曲をプロクオリティに仕上げてくれます。

    • 本気でオリジナル曲デビューしたい
    • 勝負曲を一気にブラッシュアップしたい
    • プロと自分の差を知りたい
    • 結婚式で自作の曲を最高の状態で披露したい

    例えばこんな方におすすめです。破格!

    返金保証つきなので仕上がりに納得できなかった場合注文後でもキャンセル可能無料でオンラインも相談できます(専任スタッフが対応)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よろしければシェアしてください
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる