最大30倍 ポイント還元祭中!サウンドハウスをチェック!

Neumann TLM49使用感レビュー!最高にコスパに優れた一本!

先日遊びに行った知人のホームスタジオで、Neumann TLM49をテストさせていただきました☚(꒪ټ꒪☚)

兼ねてから非常に気になっていた一本。

清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入した自前のNeumann M149も一緒に持ち込んで比較も。

-Neumann TLM49-

レビューを探している方のご参考になれば幸いです(´⊙౪⊙)۶

M49、U47と同じカプセルが採用されたコンデンサーマイク

NeumannのM49、U47といえばもはや音楽機材史の伝説。

マイクに詳しい方ならまず知らない人はないであろう名機中の名機

NEUMANN M49B by Blue Microphone Factory full Maintenanced | eBay

M49もU47も現行では手に入らないため、もし欲しいのならば中古市場をくまなく探すしかありません。

それに加え、取引されている価格は目の玉が飛び出るほど高価(;´༎ຶД༎ຶ`)

とても古いものなので、状態がバッチリなものも少ないでしょう。

そんな中、ノイマンが現代の音楽関係者たちに向けてリリースしているのが、TLM49やM149です!

M149とTLM49の違い

M149は真空管式のコンデンサーマイク。

TLM49は通常(ファンタム式)のコンデンサーマイク。

僕の感覚だと、真空管マイクは立体感のある音の表現が得意で、ファンタムのコンデンサーマイクは音が面になってガッツが出やすいイメージ。

他には、M149は指向性の切り替えが9段階ありますが、TLM49は単一指向性のみ

TLM49はヴォーカル録音やアコースティックギター等のクローズドマイクとして使うのに適してます。

-Neumann M149-

またM149は専用電源やケーブル、サスペンションやアルミの収納ケースが付属していますが、TLM49に付属しているのはサスペンションのみ

他にもスペックの違いはありますが、僕はあまりスペックどうこうは興味がありませんので、よくわかりません、、、。

詳しく知りたい方はこちらでご確認ください(((༼•̫͡•༽)))

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM49 サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / M149 Tube サウンドハウス

各々の筐体は形が似てますね。

胴体が太いのが特徴的!

U47よりもM49に近いフォルムです。

そして、それぞれの価格は、、、、

結構、差があります。

M149 はやっぱり高いですね、、、。

TLM49 vs M149

というわけで、実際それぞれを聴き比べてみたレビューです(´⊙౪⊙)۶

思いの外、それぞれの質感は似ていません、、、。

同じマイクカプセルを使っていても、ずいぶんインプレッションは違います。

まず印象的だったのは、TLM49の方が録り音のセッティングがしやすいこと。

サスペンションにセッティングして、マイクプリ+コンプに繋げばすぐにいい音を出してくれます。

逆にM149はとにかく感度が高いので、ブースやDTMの作業部屋の部屋鳴りの影響をものすごく受けます

実は、これが結構厄介で。

音像の大きさや、腰の座り具合、臨場感ではやはりM149に軍配が上がりますが、総合的な扱いやすさの点で言うと、TLM49の勝ちかなあと。

自宅録音、DTM用途だったらTLM49の方がストレスなくしっくり来るのでは、、、という気がします。

M149はノイマンのフラッグシップモデルというのもあって、プロエンジニアが立派な音響スタジオで使用することを前提として開発されています。

ですので、吸音材などを使ってしっかりブース内のLIVE感を調整して、追い込んでおかないと本来の実力は発揮しづらいかも。

僕は音響的にクリアしたい目標があり、背伸びをして、「えいや!」と購入してしまったものですから、現在も色々試行錯誤しながら、少しずつちょうどいい響きを追い込み中です☜(◉ɷ◉ ) 楽しいです。

という感じで、TLM49素晴らしいマイクだと思いました(((༼•̫͡•༽)))

というか、めっちゃいいと思います、、、。

値段以上の価値は間違いなくあります!

とてもナチュラルな音色

TLM49単体の印象としては、とてもナチュラルで気持ちの良い音でした。

解像度も申し分ありません。

 NEUMANN ( ノイマン ) / TLM49 サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM49 サウンドハウス

ノイマンっぽさはもちろんありつつ、無駄にピーキーな感じもなく、自然にすっと耳に沁みて来る音です。

U87のような分かりやすい派手さはないですが、ジャンルに縛られない汎用性においてはTLM49の方に分があると思います。

どんな楽器に使ってもいい結果を出してくれそうな質感(((༼•̫͡•༽)))

メインマイクで使っても十分に期待に答えてくれるクオリティであることは間違いなし!

もう、このレベルまでくると自分の感覚に「しっくりくるかこないか」という段階かと思います。

僕は僕のポリシーでどうしてもM149をてなづけたいので、このマイクを買うことは多分ありませんが、絶好の機会があれば絶対欲しいやつ。

知人が手放す時は、全力で値段交渉します。

多分そんなチャンスないと思いますが、、、。

TLM102とは雲泥の差

ちなみにTLM102とは雲泥の差で、TLM49の圧勝中の圧勝です!

 NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102 NICKEL サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102 NICKEL サウンドハウス

集音の安定度が違います。

あくまで僕個人の意見ですが、TLM102にお金を払うのはもったいないです、、、。

それなら別のメーカーの同じ価格帯のものにもっといいやつあると思います。

ノイマンを買うなら、せめてTLM103以上からのラインナップをお勧めします(⑅∫°ਊ°)∫

 NEUMANN ( ノイマン ) / TLM103 サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM103 サウンドハウス

TLM102とTLM103。

見た目そっくりですけど、音の拾い方が全然違うので。

まとめ

Neumann TLM49はとてもクオリティが高いマイクでした!

価格と音質のバランス面ではノイマンの現行品の中でもトップレベルかと

コスパがいいノイマンマイクが欲しいなら、とてもおすすめできる逸品!

お読みいただきありがとうございました(((༼•̫͡•༽)))