サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

間違いやすい?分かりにくい?DTM音楽用語集

DTMや音楽関連の言葉で間違いやすいものを集めてみました(´◔౪◔)◞

知ってる方にはあたり前な言葉ですが、、、

暇つぶしに(`・ω・´)どうぞ

パラで出す

「プロジェクトの音をパラで送ります!」

とかで使う「パラ

僕は初め「バラ」だと思ってました(笑)

バラバラにして送るので、意味としてはまあ合ってます、、。

このパラは「パラレル」の略。

パラレルは並列の意味。

つまり、2MIX(ミックス音源)でプロジェクトを書き出すのではなく、パートごとにまとめた音源ごと、もしくはトラック音源ごとにファイルを書き出すことを「パラで出す」と言います。

パラアウト(パラレルアウト)とかも言います。

バラじゃないです(´⊙౪⊙)۶!

Vocalミックスに使える裏技〜自然なニュアンスを残しつつ声を前に出すコンプ活用術〜

バスとキック

バスとキック。

ドラムのキックのことを、バスドラムとも言うので「バス」って呼ぶ人がいます(昔の僕)

DTMにはBUS(バス)もあるので、できたらキックと呼んだ方が良いそうです( ・ὢ・ )

これは昔エンジニアの人に「キックって言ってくれ!」って彼がイライラしている時に怒られました(笑)

「ギターとバスをもうちょいあげてください!」っていうとBUSが頭に浮かんできてしまうからだそう。

文面でも混乱のもとになるので、キックはキックと僕も書くようにしています。

ヘッドアンプ

ヘッドアンプ。

マイクプリアンプのことを別名ヘッドアンプとも言います

エンジニアさんに「家でヘッドアンプ何使ってるの?」と聞かれた時、ギターアンプのヘッドのことだと思って話が通じなかったことがありました(笑)

マイクプリのこともヘッドアンプって言うんですね。

ギターのアンプは「アンプのヘッド」って僕は呼んでますが、ヘッドアンプって言う人もいるんでしょうか?

ここはよく分かりません。

シールド

シールド。

ギター/ベースのケーブルのことを「シールド」と呼びます。

シールド、、?盾、、、?

って昔思ったものでした(`・ω・´)

ケーブルの中にあるこんな網状の線のことをシールドと言います。

文字通り外部ノイズを遮断するための線。シールド。

ここが金属フィルムになっているケーブルもありますが、効果は一緒です。

マイクケーブルにもシールド線は通っているので、なぜギターケーブルだけシールドと呼ぶのかは

とりあえずシールドといえば、ギターやベースのケーブルを指します。

アースとグランド

アースとグランド(GND)

どちらもノイズ(電流)を逃すポイントや0Vになるポイントとして使われます。

LIVEハウスのビリビリ感電対策にもアースやグランドという単語がでてくると多います。

この2つの1番の違いは、

  • アースは地面(地球)に必ず繋がっている
  • グランドは必ずしも地面に繋がっていなくても良い

点。

階層的にアース≧グランドと表してしまっても良いかもしれません。

アースと呼ばれる線の主な役割は感電防止。

グランドの主な役割は機材の基準である0Vを指すことです。

コンセントとアダプター

コンセントとアダプター。

汎用ACアダプター 9V 電源アダプター
GuanTing

昔これ↑のことをよくコンセントと呼んでました

これはアダプターでした( ・ὢ・ )

コンセントはこっちの穴の方でした。

「ちょっとコンセント取って!」って変な言葉なんですよね(-ω- ?)

いまだにたまに言ってしまうので気をつけます。

USB-C

USB-C。

これは出てきた当時かなり混乱しました。

USB-Cってただのプラグの形だったんですよね。

  • USB2.0
  • USB3.0
  • USB3.1
  • Thunderbolt 3

同じUSB-Cの形でもざっとこれだけの規格が共通であります

USB-CだからUSB3.0接続だと思っていたら、Thunderbolt 3接続じゃないと動かなかった、、、とか。

USB3.0接続だと思っていたらUSB2.0接続だった、、とか。

オーディオインターフェースでも実に紛らわしい形なので、いまだによくよく注意しています( ・ὢ・ )

つづく

どうでもいいような、間違いやすい用語集でした(`・ω・´)

他にもたくさんあった気がするんですけどね、、、

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ