サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

AKG K271 MK2 密閉型モニターヘッドフォンの使用レビュー!K240シリーズとの音の違いは?

AKG K271 MK2モニターヘッドフォンのレビューです(´◔౪◔)◞

DTM用途に人気のAKGのK240シリーズ同様、K271MK2を使用されている方も多いですよね。

K240シリーズはセミオープン型でしたが、K271MK2は密閉型

イヤーカップのサイドに音を逃すための穴がなく、所謂標準的なヘッドフォンタイプになります。

-左がK240MK2 右がK271MK2-

K240シリーズと見た目はかなりクリソツですが、音は全然違いました(`・ω・´)

個人的にはK271 MK2の方がモニターしやすい音だなと。

そんな諸々な感想を、定番他機種との比較も併せてレビューさせていただきます!

AKG K271MKの特徴

今回レビューするAKG K271MK2は、

音楽制作用ではエントリークラスに当たるAKGの密閉型モニターヘッドフォンです。

 AKG  K271MK2 密閉型モニターヘッドホン サウンドハウス

AKG K271MK2 密閉型モニターヘッドホン サウンドハウス

密閉型のヘッドフォンは、いわゆる普通のヘッドフォンです(`・ω・´)

 AKG  K240MK2 セミオープン型ヘッドホン  サウンドハウス

AKG K240MK2 セミオープン型ヘッドホン サウンドハウス

同じライナップにK240MK2がありますが、こちらはセミオープン型ヘッドフォン

セミオープン型はオープン型のセミ、つまり半分(何が半分なのかはよくわかりませんが)音があえて外に抜ける仕組みになってます。

-オープン型(セミオープン型)はイヤーカップの横に穴が空いている-

そのため密閉型に比べてナチュラルめなサウンドになる、と言われてます。

が、正直タイプによる違いよりも、製品ごとのチューニング方法の方がサウンドに大きな影響を与えると僕は思ってます( ・ὢ・ )

タイプの違いはあくまで傾向と、お考えください。

K271MK2はそんな普通タイプの密閉型ヘッドフォンになります。

箱開封!

それではAKG K271MK2の実物レビューをしていきます(´◔౪◔)◞

箱です。

裏。

箱の左下に海外のメディアによるレビュー?が書かれてます。

当然ですが、どれも褒めてます(`・ω・´)

キャラメル包装を剥がして、箱をオープン!

中身をとりだすと、割と色々出てきました。

付属品の内容的には、K240MK2と同じようです。

ベロア製のイヤーパッド。

こちら標準でついている革製っぽいイヤーパッドと変換することができます。

付属品の方がふかふかした素材。

カールコード。

こちらも標準でついているストレートタイプと変換できます。

コードの先端はどちらもミニフォンプラグになっているので、1/4フォンジャックに繋ぐ場合は変換プラグを装着します。

K271MK2の本体!

イヤーカップに穴が開いていない点以外、K240MK2と全く一緒な見た目。

穴が開いてません。

コードは左(L)側についています。

ワンタッチで外せます。

こだわる人はコードを高音質なものに変えて使っているようです。

イヤーパッドは相変わらず大型です。

SONYのMDR900STなどよりも随分大きいので、すっぽり耳を覆ってくれます。

イヤーパッド部分は前後に回転することはできません、角度も固定です(その代わりヘッドレストが若干ねじりやすくなってます)

トップ。

K271MK2とK240MK2のトップ。どっちがどっちかわかりません。一緒です。

そっくりです。

写真だとわかりづらいですが、K271MK2のイヤーカップの色の方が若干紺色になってます。

ということで、K271MK2はどんな音なのか?

K240MK2とはどんな音の違いがあるのか?

聴き比べてみたいと思います!

AKG K271MK2のサウンドチェック!

サウンドチェック用のオーディオインターフェースは、

PRISM SOUND TITANを使用しました。

手持ちの中で一番グレードが高い信頼しているものです(´◔౪◔)◞

とりあえずK271MK2とAKG240MK2を交互に聴いて、それぞれの印象を比べてみます!

AKG K271MK2の音

一聴して、AKGK240MK2とはかなり違う鳴り方だと思いました!

AKG K240MK2は割と低音が強く出る印象でしたが、K271MK2は低音はかなり抑え目

どっちかというと少し物足りなかかな、とも思いつつ、その分高域の伸びが綺麗だなと( ・ὢ・ )

聴いた時の印象をザッとまとめると。

  • 低音抑えめ
  • 音の分離感が非常に高い
  • 高域が見えやすい
  • 一音一音がタイトめ
  • 奥行きはK240MK2ほどではないけど、SONY系よりもある
  • ステレオ感が広め

と言った感じでした!

個人的には、K240MK2よりもSONY MDR 900STの方が近いような?音に感じました。

解像度が高く、高域が見えやすく、分離感がある感じ。

SONY MDR 900STよりも奥行き、ステレオ感はK271MK2の方があります。

低音の出方だけ気を付ければ、結構バランス良いなとパッと聴きかなり好印象!

K240MK2は、

  • 低音がボンボン出る
  • 解像度は他機種に比べて結構低め
  • 奥行きはとてもある

ので、単体使用だとどうかな?と思ってるんですが(別の機種と併せて使いたい)、

K271MK2は癖を掴めば単体でもなんとかミックスできる気がします。

なんか変な質感も感じる

しかし、しばらく聴いていると、なんか妙な質感も感じるように( ・ὢ・ )

K271MK2は、特にボーカルが目立つ帯域あたりが「カサカサ」して聴こえます。

うまく説明できないんですが、水分が足りてないような、、、艶がないような感じ、、、

サウンドハウスのレビューに「プラスチックの音がする」と書かれている方がいたんですが、ああ、こういうことかなとも( ・ὢ・ )

モニターヘッドフォンなので、音楽的な気持ちよさまで僕は求めてないですが、リスニング用として使うなら、少しこの点気になりました。

確かにパサパサした若干の味気なさみたいな感触があります。

この点、MK240系はマイルドな音でリスニング用としては優秀かもしれません。

SONY MDR-7506と比べてみた

ついでに900STと並ぶ定番機、SONY MDR-7506とも聴き比べてみました!

青ラベルの方です(`・ω・´)

こちらもDTM用に非常に人気が高い機種。

K271MK2と聴き比べるとSONY MDR-7506は、

  • マットな質感
  • 中低域の繋がり連続している感じで綺麗
  • 分離感はほどよく、音が粘ってくっついて聞こえる
  • 音の距離が近い
  • ステレオ感は狭め
  • 低音がほどよく出ている
  • 解像度、明瞭度はK271MK2の方が上

と言った印象でした!

うーん、こっちもやっぱり良いヘッドフォンですね(笑)

モニターもしっかりできつつ、リスニング用途でも使える気持ちよさを感じました。

音が粘って聞こえます(心地よい意味で)

奥行きは900STと同じくあまり感じられないので、この点AKGヘッドフォンの方がわかりやすいと思います。

個人的には、K271MK2とMDR-7506の2台を掛け合わせるとお互いを補い合ってミックスに役立つと思いました!

900STとK271MK2だと割とキャラが似ているところがあると思います( ・ὢ・ )

どっちが一個あれば良い印象。

AKG K271MK2の独自機能

AKG K271MK2には面白い独自機能があります。

商品説明より引用しますと、

ヘッドバンドは、頭から外すと自動的に再生音がミュートされる「ミュートスイッチ機構」を搭載。レコーディング現場での不要な音漏れを防止します

という機能。

実際ヘッドフォンを頭から外すと、ピタッと音が鳴り止みます( ・ὢ・ )

どういう構造になっているのかというと、

ヘッドフォンを外すと、青丸部分にスイッチがニョキッと現れます。

これでミュート状態に。

ヘッドフォンを装着するとスイッチが押される仕組みに。

これでミュート解除になります。

RECの真っ只中にヘッドフォンを外すことってあまりないと思いますが、ヘッドフォンを複数使い分ける時の音漏れ防止には役立ちそうです。

この機能はK240シリーズにはついていません(`・ω・´)K271MK2だけの機能。

AKGは良くも悪くも癖が強い?

AKG製品は、ヘッドフォンに限らず個性的なチューニングのものが多いイメージ( ・ὢ・ )

今回も独特の癖を感じました。

ただ、ハマると強烈です(笑)

AKGにはとんでもなくハイエンドなヘッドフォンもあるので、、、

 AKG ( アーカーゲー ) / K812 開放型ヘッドホン  サウンドハウス

AKG ( アーカーゲー ) / K812 開放型ヘッドホン サウンドハウス

資金を貯めて、いつかゲットしたい、、( ・ὢ・ )

音をき、い、て、み、た、いー!!

なるべく癖なく、高い安定品質の音を求めるのなら、オーテク製品がやっぱり良いのかなーとも思いました。audio technica ( オーディオテクニカ ) / ATH-M40x サウンドハウス

audio technica ( オーディオテクニカ ) / ATH-M40x サウンドハウス

これはマイクにも共通で思うところであります。

オーテクヘッドフォンのレビューもよろしければ併せてお読みください!

まとめ

AKG K271 MK2の使用レビューでした!

K240シリーズの音がぼやけて聴こえる、もう少し明瞭さが欲しい、という場合は、K271MK2の音おすすめです(´◔౪◔)◞

個人的にはK240よりもK271から手にしてみた方が、スタンダードなモニターヘッドフォンらしい音を味わえると思いました。

低音の出方だけ、若干注意が必要かもです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ