サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

API2500実機とUADプラグインの音を比べてみる実験!

API2500実機とUADプラグインの音を比べました(´◔౪◔)◞

別記事でAPI550Bの実機比較記事を書かせていただきましたので、その続きを。

2500コンプレッサーはどれくらい似ているのか??

プラグイン版の優れた点についても(`・ω・´)

API2500 vs UAD API2500

API 2500はAPI製品の中でも特に人気のバスコンプ!

 API ( エーピーアイ ) / 2500 Stereo Bus Compressor  サウンドハウス

API ( エーピーアイ ) / 2500 Stereo Bus Compressor サウンドハウス

実機のモデリングプラグインはUADよりもwavesの方が有名かもしれません( ・ὢ・ )

waves版はかなり昔から販売されていました。僕もよく使ってました。

 API ( エーピーアイ ) / 2500+  サウンドハウス

API ( エーピーアイ ) / 2500+ サウンドハウス

そんなAPI2500実機ですが、近年新しいモデルにアップデートされました!

大きな変更ポイントはMixつまみが追加されたこと!

0〜100%の間で原音とコンプの音をミックスできるようになりました。

僕の持っているのは旧型なので、これができません、、、。

正直、この機能追加はとても羨ましいです、、、(;´༎ຶД༎ຶ`)

使い勝手が格段に良くなるだろうなーと。

ちなみに、プラグイン版にはMixつまみがちゃんと付いています。

便利です。

API2500ステレオバスコンプレッサーの実機レビュー!パンチーな極上音質!

比較するプラグインは、前述しました通りUAD API2500です。

API550Bの比較テストでは、かなり高い再現度に笑ってしまいましたが、今回も期待大!

ただ、実機とプラグインの質感の違いはやはりあるのではないか?

あるとしたらどんな違いなのか?

など、今回も形にできたらなとワクワクしております( ・ὢ・ )

実験してみる

音質比較用にこちらの2mixを使用します。

音量注意!
再生音量にお気をつけください!

 

loopcloudで組み立てた音源です。

今回も非常に役立っております(`・ω・´)

後半の方に声ネタを入れております。

Loopcloud ver 6のレビュー!バージョンアップでネタ選びが更に楽ちんに!

この音源を

  • オーディオインターフェース→2500実機→AIF→録音→書き出し
  • UADプラグインをかけて書き出し

の2バージョン作って比較します。

スレッショルドの値も揃えたかったので、2500に送る音量でリダクション量は調整しました。

各ファイルの音量は、ピーク目安でフェーダーで合わせています。

コンプの設定は3パターン作り、実機とUADで合計6つ書き出しました。

それでは聞き比べを!

音量注意!
再生音量にお気をつけください!

コンプのパターン1

設定のパターン1です。

元のファイル

API 2500 実機

UAD API 2500

コンプのパターン2

設定のパターン2です。

元のファイル

API 2500 実機

UAD API 2500

コンプのパターン3

設定のパターン3です。

 

元のファイル

API 2500 実機

UAD API 2500

感想

おおー!

やっぱりすごい再現度です(笑)UADやばいです。

一瞬聴くだけでは違いが分からないほど音の特徴が似ています(´⊙౪⊙)۶

ただ、何回か再生してよーく聴き比べてみると音の輪郭に違いがあるのかな??と思いました。

若干です。若干。

実機の方が「パリッ」とした部分があり、音の密度も若干濃い気がします。

この違いは550bEQの聞き比べをした時の感覚と似ています。

重心に関してはあまり差を感じませんね、、、UADはとてもアナログっぽいです。

どちらがいいのか、何とも言えないですね。

どちらの方がお好みでしたか( ・ὢ・ )??

Universal Audio Apollo Twin X/DUO Heritage Edition【国内正規品】
UNIVERSAL AUDIO

Mixつまみの有無で使いやすさが大きく変わります

今回の比較では、実機にMixつまみが付いていなかったため、プラグインもMix100%固定で音源を作っています( ・ὢ・ )

ただ、ここはいじれるならいじりたいと何度も思いました(笑)

普段使いから「こんなにコンプかからなくていいんだよなー」と思うことも多く。

設定でガッツリかけて、ミックスつまみで原音とブレンドできると使いやすさが格段に上がると思います。

UADをいじって改めてそう思いました。

もし実機を導入するのなら、新型の2500+の方を断然おすすめします。

Mixつまみが付いているので、、、

この点プラグインは初めからMix機能があるので、大きなアドバンテージだと思います(`・ω・´)

まとめ

API2500実機とUADプラグインの音を比べる実験でした!

UADの質感と実機の質感の違い、傾向がまた少しわかったような気が、、?

するようなしないような( ・ὢ・ )

でも、傾向というものがやはりある気がします。

UADのらしさ。実機のらしさ。

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ