サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

SSL UC1 vs SSL9000実機!音の違いをテストしてみた

SSL UC1 vs SSL9000で、プラグインと実機の音質を比較テストしてみました(´◔౪◔)◞

若干の違いはありながらも、音色の方向性はほぼ同じ( ・ὢ・ )

さすが本家vs本家の対決でした。

比較音源あります(´◔౪◔)◞

SSL UC1 vs SSL9000

SSL UC1はSSL社のプラグイン専用コントローラーです。

 SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック ) / UC-1  サウンドハウス

SSL (Solid State Logic) ( ソリッドステートロジック ) / UC-1 サウンドハウス

先日導入レビューを書かせていただきましたので、詳しい製品内容についてはそちらにて。

個人的に、非常に気に入ったプラグイン&フィジコンでした( ・ὢ・ )

SSL UC1で操作するプラグインはSSL9000コンソールをモデリングしているそうです。

SSL9000のチャンネルストリップ実機をたまたま持っているので、今回これとどれくらい音が似ているのか?

再現度はどれほどなのか?

を比較してみようと思います(´⊙౪⊙)۶!

SSL 4000E/Gをモデリングしたプラグインは非常に多いのですが、9000はあまり見かけず割とレア。

9000も音、操作性、とてもよいですよ!

音を比較する

それでは早速音を比較してみます(`・ω・´)

大元の音源はこちらを使います。

音量注意!
再生音量にお気をつけください!

 

この音源をベースに

  • SSL UC1(正確にはSSL Native Channel Strip 2プラグイン )を挿してEQコンプなどをした音源
  • SSL9000へ同じ設定でラインアウト/インして録音した音源

の2種類を作ってみます。

EQコンプの設定はiZotope Tonal Balance Control 2を参考にしつつ、こんな感じにしてみました(`・ω・´)

ついでに両音源ともに、SSL UC1付属のバスコンプレッサーをステレオアウトに挿してみました。

このバスコンプも使いやすくてとてもハマってます( ・ὢ・ )

ラインアウトイン用のオーディオインターフェースはUA Apollo X6を使用しました。

それでは聞き比べを!

音量注意!
再生音量にお気をつけください!

元の音源

SSL UC1(SSL Native Channel Strip 2)

*元音源よりも音量が少し上がります。再生にご注意!

SSL 9000実機

感想

実機はアナログ機器なので完全に同じ設定にするのは無理でしたが、、、

それでも方向性はとても似ていますね(´◔౪◔)◞

ただ想像通りというかなんというか、やっぱり

  •  プラグインの方がクリアでパキッと
  •  実機の方がふくよかでヌメっと

した違いは感じます。

後、音像の位置が実機の方が下に下がる感じがしますね(´◔౪◔)◞

これはプラグイン vs アナログ機材でよく聴いてきた現象です。

センターの位置が両者で変わるのは、単に僕が実機の方で左右バランス取れていなかったからだと思います、、、すみません。

とりあえず、プラグインと実機の違いはこのくらいの差となりました(´◔౪◔)◞

大きいでしょうか?小さいでしょうか?

これは人それぞれで感覚が変わりそうです!

それくらい、音質比較の結果は主観的にならざるを得ません( ・ὢ・ )

SSL Native Channel Strip 2の実機にないメリット

SSL Native Channel Strip 2プラグインの実機にはないメリットは、挙げたらキリがないくらい出てきます( ・ὢ・ )

おそらく音質面の好み、位置がどしっとする点以外は全てプラグインの方が優位でしょう。

  • いくつでもトラックに挿せる
  • 設定をすぐにリコールできる
  • A/Bテスト(オンオフなど)が一瞬でできる
  • バカ高くない
  • 入手しやすい

まだ探せば出てきそうですね。

9000実機にはこれにしか出せない音があり、この音が大好きですが手間はかかります(涙)

ルーティングの設定もそうですが、いつ壊れるかもわからないという恐怖が一番のデメリット。

ヴィンテージ系はほんと怖いです(ちょうど今一台修理中、、、治ってくれるかな(;´༎ຶД༎ຶ`))

プラグインの安定感、不安のなさ。そしてここまで良い音質。

SSL Native Channel Strip 2はこれ単体でもおすすめしたいほど出来も良いです( ・ὢ・ )

しかし、UC1の本体はでかい

これはデメリット。。。

まとめ

SSL UC1 vs SSL9000の音質テストでした!

音に焦点を絞るとやっぱり実機の方がモノホン感ありますね(´⊙౪⊙)۶

これはもうしょうがない。

それを理解しつつプラグインの良さを全力で享受していこうと思います!

使い勝手は断然UC1の方が上ですよ(`・ω・´)

最後までお読みいただきありがとうございました!

Solid State Logic/XLogic X-Rack Dynamics Module
SOLID STATE LOGIC (SSL)
Solid State Logic/XLogic X-Rack Channel EQ Module
SOLID STATE LOGIC (SSL)
Solid State Logic/E-Series EQ Module for API 500 format racks
SOLID STATE LOGIC (SSL)
機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ