【キター!】サウンドハウスで最大20倍ポイントバック開始!

Antelope Audio Verge モデリングマイクのレビュー。録音データあり

Antelope AudioのモデリングマイクVergeのレビューです。

ANTELOPEDiscrete 8 Synergy Coreを導入してからずっと気になっていたマイク。

一本で様々なマイクの特性を再現できるということで、一体どれほどの実力なのか?

しばらく作業で使用してみたのでレビューです!

録音ファイルも作ってみました(´◔౪◔)◞

一本で14種類の音を出せるマイク

ANTELOPE AUDIO Vergeは一本で14種類の音を再現できます。

 ANTELOPE AUDIO Verge モデリングコンデンサーマイク サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO Verge モデリングコンデンサーマイク サウンドハウス

Verge本来のオリジナルサウンドに加え

  • Berlin 184
  • Berlin K53
  • Berlin K54
  • Berlin K86
  • Freiburg 6
  • Hamburg 211
  • Hamburg 40
  • Hamburg 441
  • Illinois 57
  • Illinois 7B
  • Perth 55
  • Vienna D112
  • Aalborg 4006

の13種類のサウンドをプラグインで再現できます。

-Verge モデリングプラグイン-

マイク本体を買うと、プラグインのライセンスコードが手に入ります!

ANTELOPE製以外のオーディオインターフェースでも使える?

ANTELOPE製のオーディオインターフェース以外でも、もちろん使用可能です!

どのメーカーのAIFでもOK!

箱オープン

それではレビュー開始します。

箱。シンプル。

封印がされています。シールが破れていたら受け取らないでと注意書き。

オープン!すると保証書とプラグインのライセンスが書かれたカードが。

本体登場!!ホルダーも専用のものが付属。

本体はしっかりとした筐体。程よい重みもあり、高級感があります。

サイズはSHURE SM57とほぼ同じ長さ。横幅は細いです。

とてもコンパクトなペンシルタイプなので、設置場所の自由度が高まります。

ホルダーは4本のゴムでマイク本体を固定する仕組み。

ちょっと経年後の劣化具合がどうなるのか気になりますね。

変換コネクターは付いていません

マイクスタンドに固定する際は別途変換コネクターが必要です。

使うマイクスタンドによって変わりますが、僕は5/8インチ変換コネクターを今回使いました。

 TOMOCA ( トモカ ) / AKG-SHURE  サウンドハウス

TOMOCA ( トモカ ) / AKG-SHURE サウンドハウス

普通のマイクスタンドならば、大抵これでハマるはず。

ということで、録音準備に入ります。

プラグインをインストールしてオーソライズする

マイクモデリングプラグインを使うには、公式サイトから専用ソフトなどをDLする必要があります。

ちょっと手間がかかります。

さらにオーソライズをするためにiLokが必要になります。

最近のプラグインはiLok本体なしでもクラウドで登録できるものも増えましたが、

ANTELOPE AUDIO Vergeは本体が必要。ちょっと不便です。

持ってない場合は別途購入が必要。

 AVID ( アビッド ) / iLok 3 ソフトウェアオーソライズキー サウンドハウス

AVID ( アビッド ) / iLok 3 ソフトウェアオーソライズキー サウンドハウス

プラグインのオーソライズはDAWを立ち上げた時に入力画面が立ち上がります。

コードを入れれば使用可能に。

アコギを録音してみる

プラグインの準備もOK!ということで、早速録音をしてみます。

アコギを2トラック録ってみました。

オーディオインターフェースはAntelope Audio Discrete 8 Synergy Core

マイクプリもDiscrete 8本体付属のものを使用。

EQ/コンプは一切なしで、録ったままのファイルとなります。

各ファイルの違いはプラグインのモデリングマイクを切り替えたのみ。

リズムは先日MPC 2000XLで作ったものです。

それでは並べて聴き比べてみましょう〜(´⊙౪⊙)۶!!

*ギターのピッチが悪いのは目を瞑ってくださいませ、、*

AKAI MPC 2000 XLでレコードの音をサンプリングして気づいた色々
音量注意!

再生音量にお気をつけください!

オリジナルVerge

Berlin 184

Berlin K53

Berlin K54

Berlin K86

Freiburg 6

Hamburg 211

Hamburg 40

Hamburg 441

Illinois 57

Illinois 7B

Perth 55

Vienna D112

Aalborg 4006

感想

というわけで、とりあえずとんでもない音色数ですね(笑)

まずこれだけのマイク数を集めるのは非常に困難!

中にはかなりヴィンテージっぽいものもあります。

この点だけみてもVergeで音色に幅を持たせられて嬉しいですね╰(◉ᾥ◉)╯

オリジナルのVergeの音色はかなりパキッとしてクリアです。

プラグインを入れるとふくよかになる音色が多いですね!

良い意味でアナログ感が増します。

後、ピッキングがグイッと噛みつく感じが個人的にたまりません。

倍音を足すと楽曲が美味しくなる?ハード機材FATSO Jrで実験してみた

モデリングマイクの元ネタはどれがどれ?

すでに別のサイト様でもVergeのモデリングの元ネタについて考察がありますが、

僕でも確実にわかるのはSHURE SM57です(´◔౪◔)◞

他にもBerlinシリーズはノイマンっぽかったり、ViennaがAKGなのはD112の型番からも明白です。

ただ、オリジナルをプラグインでどれだけ再現しているのか?

正直、手持ちにないのでわかりません、、、(;´༎ຶД༎ຶ`)

しかし唯一!

57だけは持っているので、57でも録音して聴き比べファイルを作ってみました。

-SHURE SM57-

どれくらい音色が近いんでしょう。

SHURE SM57

Illinois 57

感想2

うーん、どうでしょう?

マイキングが同じではないのでその違いもあると思いますが、同じ音ではないですね!

ただオリジナルの音色と比べると、かなり57っぽくはなっているかと☜(◉ɷ◉ )!

というか似ているとかの以前に、普通に音が良いです(((༼•̫͡•༽)))

後から音色を変えられる優位性

エンジニア的な視点をしっかり持っている方ほど、

録り音を後で変えることに否定的な見解を持たれている気がします。

音は録音時に作り込むべし!

ということですね。

僕も割と録り音大事にしたいタイプです、、後でいじるのが面倒なだけなんですけど!

ただ、後から音色を変えられたら楽曲の幅が広がることも事実。

DTMerはエンジニアじゃないですから、もっと気軽に考えれば良いのではないでしょうか(´◔౪◔)◞ ?

とはいえ、選択肢が増えすぎると逆に困ることにもなるので(音色を決定しづらい)、

「後でなんとでもなる!」とは思わずに、あくまで微調整の範囲で使用

そう意識すればANTELOPE AUDIO Vergeはとても強力な武器になると思います!

 ANTELOPE AUDIO Verge モデリングコンデンサーマイク サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO Verge モデリングコンデンサーマイク サウンドハウス

一本が程よい価格なので、ステレオで揃えて使用するのも良さそうです。

今回使ってみてすごくいい感じだったので、実はもう一本買い足しました(笑)

今度ステレオ録音でも試してみたいですね。

まとめ

ANTELOPE AUDIO Vergeのレビューでした!

使い方次第でものすごく制作作業に幅を持たせられそうですね(´⊙౪⊙)۶

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ ) / Edge Solo サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ ) / Edge Solo サウンドハウス

同社のEdge Soloも同じようにモデリング技術が組み込まれたラージダイヤフラムマイク。

ネタ元も壮々たるメンツが用意されています、、、。

こっちもすごく気になりますね〜

試してみたいなー

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ