本日の機材セール情報!

【DTM入門】EQ(イコライザー)とは【初心者】

こんにちは、はじまりです(((༼•̫͡•༽)))

 

EQ(イコライザー)は、DTMでは避けては通れないエフェクターであり、録音から、ミックスダウン、そしてマスタリングまで、ほぼ全てのトラックに挿すことになるプラグインです。

 

と、DTM初心者の方に向けての記事を書こうと思うと、いきなり専門用語を連発しなくてはいけなくなってしまいますね、、、、。

初めてDTMを始めた時の自分のことを思い出しながら、なるべく細かく解説できたらと思いますが、ところどころいきなりの単語が出てきてしまう部分がどうしてもありますので、その点お許しください。

 

メモ

DTM=デスクトップミュージック。PCで音楽を作ること。

エフェクター=音を加工するためのプログラム

トラック=ギターや歌、リズムが録音されている各々の場所。最終段のボリュームフェーダーもマスタートラックと呼ばれる。

ボリュームフェーダー=上下させることで音量の大小調整を行うツマミ

ミックスダウン=各トラックに録音されたオーディオデータ(歌やギターなど)を、一つの音楽として適したバランスにまとめる作業

マスタリング=ミックスダウンした音(ミックスデータ)をさらにブラッシュアップする作業。最終的にこの工程でCDや配信用の音源レベルに仕上げる

プラグイン=エフェクターとほぼ同義。

 

 

EQで音同士の嫌な”かぶり”を消す

EQにはたくさんの使い方がありますが、一番基本的な使い方はまず、音と音の”かぶり”を緩和させてお互いをスッキリクリアにさせること。

歌もギターもリズムも、特に中低域あたりに成分の多くが含まれていますから、そのままEQをせずに音量だけでバランスを取ろうとすると、”かぶり”の分だけ余計な音量が増える(耳に聞こえていなくても)ので、聴感上は小さな音量のままなのに、音響上は音が大きくなってしまうため、トータルのボリュームが気づかぬうちにピークをついて、バリバリと音割れが発生する事態になってしまいます。

 

この”かぶり”は、別名マスキングともいうのですが、とても厄介でして、音が濁って聴こえづらくなる上に、音のエネルギーだけは確かにそこに存在してしまっているため、上記のように無駄な音量が増える事態になってしまうんですね。

この状態のまま最終的に(マスタリング時に)無理やりマキシマイザーを使って音圧を上げようとしても、バリバリとひび割れたひどい音源にしかなりません。

 

ですのでEQは、それぞれのトラックに入っている楽器や歌の個性を保ったまま、なるべく削っても問題ない帯域をカットすることで、お互いの干渉を減らして個々を際立たせていく役目があるわけです。

 

EQの使い方の基本はカットだとよく言われます。

 

画像のようにカーブの先端が下を向いている状態がカットです。

 

逆に特定の帯域を持ち上げたい時はブーストをすると言います。

 

メモ

かぶり=音と音が特定の帯域で干渉し合うことで起こる音の濁り

マスキング=かぶりの別名

音圧=最終的に仕上げた時の音源の音の大きさ。CDレベルにするのは、とても大変です

ピーク=最終バランスの音量の限界値。

マキシマイザー=ピークを一定に保ったまま、音圧を上げていくためのエフェクター(プラグイン)コンプレッサーの一種

コンプレッサー=音量のでこぼこを均一に潰して整えるエフェクター。潰して音量を上げることで、結果的に音圧がでるようになる

カット=EQで特定の帯域の音量を下げること。

ブースト=EQで特定の帯域の音量を上げること。

 

目立たせたいトラックを、EQでサウンドメイクする

各々のトラックのバランスを整えるために使うのがEQの基本と書きましたが、逆に目立たせたいトラックはEQを使ってサウンドメイクします。

この時は主にブースト方向に使用するのが良いでしょう。

 

カーブが上向きになっているのがブーストです。

上級者になればなるほど、EQの処理がめちゃくちゃ極端になってきたりします。

プロのエンジニアさんのミックス画面を見ると吐き気がするくらい細かったり、、、、極端なカットとブーストの嵐にぞっとしたりします、、、、、。

しかし、初めはそこまでやる必要もないですし、EQの変化をとにかく感じるところから身につけていくのが良いです。

初めは、何をどうやってもあまり変わらないように感じられる変化も、だんだんと大きな変化に感じられるようになってきます。別の記事でも書きますがコンプレッサーも同じです。

まずはサウンドメイキングのためのEQの使い方(ブースト方向)よりも、カット方向での使い方を習得していくのが混乱せずにすむと思います。

 

メモ

  • まずはカット方向での使い方がおすすめ!
  • 明らかにブーストした方が良さそうなところがあったらやってみる!

どうやって音のかぶりを探すのか?

音のかぶりを何の手がかりもないところからいきなり探すのは、初めはとても大変だと思います。

まずは、アナライザーがついるEQを使って、音を視覚化することをオススメします。

アナライザーというのは、下の画像のようにギザギザとした波形が出る機能のこと。

アナライザーの動きを見ることで、まずそのトラックで鳴っている音の特徴(どんな帯域の音量が大きいか)を掴みます。
この画像だと20〜50Hz辺りが一番山になってますね。

ちなみに、このトラックで鳴っているのは、リズムです。

そして一番強く出ているのはキックです

もしベースも同じような帯域が山盛りになって鳴っているようでしたら、低域を圧迫している可能性があるので、キックの部分か、ベースかどちらかをEQで削ることで調和を持たせるようにします。

 

ただ、、、低域の把握は、長年DTMをやっていてもとても難しいポイントになります。

初めのうちはとにかく、EQをたくさんいじって、微妙な変化と大きな変化、それぞれをご自身で把握していくことが重要になってきます。

モニタースピーカーでの作業も良いですが、ヘッドフォンでの作業も並行していくと、より細かい変化が理解しやすいので僕はオススメします(◍ ´꒳` ◍)b

 

メモ

アナライザーの付いているEQを探して、使うようにする。

キックとベースは低域のキモ。ここがうまく調整できないと、そこから上の帯域もまとまらなくなってきますので特に意識が必要。

モニタースピーカーとヘッドフォン、両方使いながら(特にヘッドフォンがオススメ)作業するとEQの変化がわかり易くて上達が早まります。

 

逆に、いきなり↓のようなEQを使うのは、大変だと思うので、一旦やめて起きましょう、、、。

 

耳だけである程度調整できるようにならないと、中々いい結果にはなりません、、、。

 

とにかく長く取り組むこと

短期間でEQの処理を身に付けるのは、とても難しいです、、、。

僕も未だに悩むことが多く、思い切ったEQというのがまだまだできないんですよね。

とにかく数をこなしていくと、だんだんとわかってくると思います、、、、僕も2年前よりもかは今の方がEQの使い方が理解できていると思うので、、、。

 

その他、細かいパラメーターなどについてはこちら↓の記事にも書いてありますので、是非ご参考ください。

 

Logic X Channel EQの素晴らしさについて

 

LogicのEQについてですが、基本的にはどのEQプラグインも同じ構造なのでぜひ参考にしてみてください(((༼•̫͡•༽)))

あ、あと僕が最初よくわからなかったEQのパラメーターでQ(キュー)というのがあるんですが、これはQ幅と言って、ブースト/カットする時のカーブの幅(谷や山の幅)を変更するための値を決めるパラメーターです。

 

 

Q幅が狭い状態でのカットはこう↓

 

Q幅が広い状態でのカットはこうなります↓

 

おまけでした(∩❛ڡ❛∩)

 

メモ

Q=ブースト/カットする時のカーブの幅を変更するためのパラメーター

 

それではまた(((༼•̫͡•༽)))

 

【断定】おすすめのDAWソフトTOP3はこれ!【2018年度】作りたい音楽ジャンルで選ぼう