ケーブル プロケーブル

USBケーブルで音が変わるのは本当?unibrainで試してみた

投稿日:2018年1月15日 更新日:

こんにちは、始まりです(o'ー'o)ノ

 

DTMerにはあまり馴染みがありませんが、ピュアオーディオの世界ではUSBケーブルで音が変わると言われています。

僕がそれを知ったのは、何本か記事にも書かせてきていただいていますが、お馴染みプロケーブルのサイトにて。

 

「ほんまかいな、、、?」

 

と、また怪しい感じがプンプン漂っていましたが、プロケーブルの電源トランスや電源ケーブルを使ってからというもの、確かに音はいい方向に激変し、DTMがさらに楽しくなったのも事実でしたので、、、これまた一つこの話に乗ってみようと思い、サイトで推薦されていたunibrainというメーカーのUSB2.0のケーブルを買ってみたのでした。

 

という訳で、使ってみてどんな感じだったのか。

そして本当にUSBケーブルの変更で音が変わったのか。

 

という記事です(∩❛ڡ❛∩)

スポンサーリンク

unibrain社のUSBケーブル

unibrainのケーブル。
見た目はなんの変哲も無い、ただのUSBケーブル(((༼•̫͡•༽)))

コネクター部分をアップしても、なんの変哲もなし。

ubの文字があるだけです。

 

今回はこのケーブルと、手元にあったmidiピアノを繋いでいたケーブルを使って聴き比べてみました。

SHUNXINYUAN?という謎のメーカーのケーブル。

 

長さはunibrainが50cm、SHUNXINYUANが1mくらいですかね。

プロケーブルによると、ケーブルの長さによっても音が変わるようですので、、、、ほんとは同じ長さにしないと比較にはならないんでしょうけど、そもそもそんなに音が変わるんですか?っていう話なので、逆にちょうどいいかも。

というか、そこまでやるのは面倒なので(((;◔ᴗ◔;)))

これでいってみました。

 

オーディオインターフェースに繋ぐ

オーディオインターフェースはこないだ新調したFOCUSRITEのSCARLETTEで。

 

以前記事にもしましたが、値段が安い割にヘッドフォンアンプがお気に入りになってしまってるのでこれでテストを行います。

 

ブスッと。

さあ音を鳴らしてみよう

どれどれ、音を鳴らしてみましょう。

ヘッドフォンをつけて、音源ぽち。

 

むむむむーーー!!!

 

、、、、普通です( ꆤωꆤ )y─┛

 

というか、もう一つのケーブルに変えてみないと、違いはわかりませんね。

 

ということで、早速もう一つの無名USBケーブルにチェンジ。

 

そしてもう一回、音源ぽち。

 

、、、なななななーーー!!!

 

音、違うかも(((༼•̫͡•༽)))!!

 

確かに音は違うように聴こえました

その後何回か交互にケーブルを交換してリスニングしてみましたが、

確かに音は変わるように感じました。

 

unibrainの方が音がまろやかに?聴こえて、芯が太くなります。低音も増える感じです。

一方無名の方は、高域がキンキンと少し痛いような?気がしますが、こちらの方がその分解像度が高く聴こえなくもありません。

 

それから一時間ほど聴き続けてみるうちに、unibrainの方が、確かに音のまとまりが良いかも、、、?

しかし、曇っているような気がしなくも無い、、、、、という感じで、USBケーブルで音が変わっているのは、どうやら本当なんだと、、、、結論付けました。

 

うーん、これはプラシーボでは無いのか、、、、。

 

USBケーブルですよ(*´・ω・`)?

 

ここでも音が変化してしまうと、オーディオ好きの人は、ほんと大変ですね、、、。

詰めてく場所が多すぎ。

 

ですので、僕は気にしないことにしようと思いました。

うん、気にしない、気にしない、、、、。

 

でも、音が変わるのはほんとみたいです(体験談)

 

とはいえ、激変はしないです

とはいえ当然ですが、めちゃくちゃ変わる感じではありません。

この変化をブラインドテストで当てろ。

と言われたら、正直間違えまくる自信あります( ꆤωꆤ )y─┛

 

微妙な変化です。

 

電源トランスの方が、比べ物にならくらい変化がありました。

こっちは誰が聴いてもわかるレベルではないかと。

 

プロケーブル電源トランスの画像
プロケーブルの電源トランスを4年間使ってみての感想

今回はプロケーブルの電源を4年使ってみた感想です。   数年前に部屋に200V電源を引いたきっかけは、プロケー ...

続きを見る

 

動画で検証している方も、、、

動画がありました。

参考にしてみてはいかがでしょう!

 

unibrainのケーブル、音はいいのか?

音がいいのか、悪いのか。

これはもう、好みなんで、僕にはわかりません(∩˃o˂∩)♡丸投げー

 

プロケーブルのサイトの商品説明にあった「音が分厚くなる」というのは、確かになるほどなと思います。

そんな感じそんな感じ。

とりあえずもっとたくさんの USBケーブルを比較してみないとなんとも言えないですね。

 

気になる方は面白半分にでも、ぜひ聴き比べてみてください!

確かに変化はある、ということだけ書くにとどめさせていただきます。

 

まとめ

ということで、USBケーブルで音が変わるのか?という謎に答えは出ました。

 

嘘くさいですか?

僕も嘘くさい話だと思います( ゚∀゚)

プロケーブルはもっと嘘くさいです。

 

けれどもなぁ、、、、、

 

プロケーブル電源トランスの画像
【うそ?】プロケーブルって結局どうなの?【怪しい?】

オーディオマニアの間でいつも論争の種になっている過激派オーディオショップPRO CABLE(プロケーブル) 僕はオーディ ...

続きを見る

 

【断定】おすすめのDAWソフトTOP3はこれ!【2018年度】作りたい音楽ジャンルで選ぼう

【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

日本では2番手3番手のイメージがありますが、世界規模では一番売れています。それも納得な出来!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

しかも!

FOCUSRITEユーザー限定で、毎月色々なメーカーからプラグインが無償提供されるという訳のわからない変態キャンペーンをやり続けています、、、。

1万円ちょいのオーディオインターフェースを買うだけで、キャンペーンが変わるごとに無料でプラグインがDL可能、、、。しかも戦力になるやつも普通に混じってたりします。

はっきり言ってこのサービスだけでも値段以上の価値がありますよこれ!

XLN AUDIOのめっちゃ使えるピアノ音源、addictive keysも初回付属プラグインに標準で入ってます、、、

キャンペーンについてはこちら

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタ、レビューをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト兼コーラス。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-ケーブル, プロケーブル

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.