本日の機材セール情報!

Marinair Li10468/SとCARNHILL VTB9045

前回に引続き、今回はマリンエアとカーンヒルのインプットトランスの記事です。

Marinair Li10468、CARNHILL VTB9045。

Marinairのインプットトランスは、マイクインプット用のLi10468/Sの他にも、マイク用でインピーダンス比が違う10368/sライン用Li31267という型もあります。

また外装に黄色いラベルが貼ってあるものや、形が若干違いシールの貼っていないものもあり、バリエーションが多いようです。

 

 

またライン用のLi31267は一次側と二次側を逆さまにして使う事で、マイクインプットとして使う方法もあるので、10468に比べて割とリーズナブルな値段で売っているライン用のトランスを入手するのも、Modへの使い方としてはアリです(◍ ´꒳` ◍)b

 

こちらのリンクにMarinair各種のインピーダンスのインフォがUPされています。

10368は一次側の結線の仕方を並列にする事で、10468/Sとインピーダンス1.2kΩになるようです。

二次側が最高で2.4kΩなので、あまりトランス部ではゲインが稼げないみたいですね。

それさえ気にしなければマイクインプットとして使えそうです。

 

ちなみにCARNHILLのVTB9045は、一次二次ともにインピーダンス比が10468/Sと全く一緒ですので、

10468/Sをオリジナルとしてリイシューしています。

 

 

インピーダンスは、ワイヤーの配線の仕方で、直列(Series)と並列(Parallel)が変えられるので、

詳しい考え方や、やり方はこちらに記事にしてあります。

 

ご参考までにどうぞ。

音色はどう違う?

 

前回のMarinairとCarnhillのアウットプットトランス対決では、僕はCarnhillの方が好みだと書かせて頂きましたが、

インプットですとMarinairの方が好きな印象ですヽ(・ω・)ゞ゚好みの問題ですね。

 

勿論VTB9045も素晴らしいトランスなのですが、10468/Sには何とも言えぬ色気が感じられて、スッキリしていない、何かをまとっている?音色が、古ぼけているわけでもなく、しっかりとした味を伴って、入力される音を極上にしてくれるイメージです。

 

VTB9045はそれと比べると明るめでスッキリしている気がします。クリアですね。

使い込んでいけばまた変化していくのでしょうか。

これっばかりは、未来にならないと解らないです、、、、(;´༎ຶД༎ຶ`)くそぉ

 

Marinairを入手するにはどうしたらいいか?

ヤフオクで出品されるのをひたすら待つか、ebayを使って海外から買うかの2択が主流です。

特にebayは市場が世界規模と広いので、気になる機材や部品が常にどこかの国からで出品されていることが多いですよ!

[st_af id=”2865″]

や、

[st_af id=”2867″]

など。

ebayの使い方はこちらをどうぞ。

 

https://dtmdriver.com/e-bay-importmethod/

Carnhillの入手方法は?

Carnhillに関してはこちらをご参照ください。

 

Carnhillトランスの導入方法②

 

まとめ

 

ということで、MarinairとCarnhillのインプットトランス。

まずスタート地点が非常に高い地点での比較を無理矢理してみての、僕の感想ですので、どちらも素晴らしい音色を持っていることは間違いありません!

イエローラベルのマリンエアは単純に見た目が良過ぎて、良い音するに決まっている!という先入観も僕の中にはあるのでしょう、、、。

 

それではお読みいただきありがとうございました(((༼•̫͡•༽)))