その他

SONY MDR-CD900ST 定番 モニターヘッドフォン

投稿日:2017年8月15日 更新日:

定番のレコーディング用モニターヘッドフォンSONY MDR-CD900STの記事です。

前回ご紹介したマイクShure SM58同様、音楽制作の世界ではどこのレコスタにも必ずあるヘッドフォンになります。

 

どんなところが特徴なのかと言いますと、、、、

 

安い、頑丈、高音質、そしてフラットなバランス。

 

”オーディオ的に気持ちいいように”、というような脚色や味付けは一切なされていません。

ですので”音楽的な鳴り方をするのか”というとよくNoといわれますし、ずっと聞いていると疲れるなんていう感想も。

 

その理由も、とても細かい所まで音を再生してくれるので、聞きたくないようなのような違和感まで耳に入ってきてしまうからだと思います。

 

ある程度しっかりしたヘッドフォンアンプにつないでモニターしていると、確かに疲れるというのもわかります。

楽しくリスニングする場合はオススメできませんが、音質の研究や、ミックスの時などには協力な相棒となること間違いなしです。

 

 

特に録音をしていく上でモニターをするのには、頑丈さや、消耗部分の交換が容易な部分(イヤーパッドなど、別売りもしています)、ケーブルに変な癖がつき辛く取り回しが容易、という部分もアドバンテージとしてあると思います。

 

 

1989年の発売から未だにプロの現場で使われつづけているのは相当にすごいことですよね(՞ټ՞☝☝

もうひとつ基準のヘッドフォンがあると完璧です

 

 

このヘッドフォンだけでも勿論十分なパフォーマンスを発揮してくれますが、

自分が信頼できるリファレンス用のヘッドフォンをもうひとつ持っていると、より相対的に音源をモニターできるようになって便利です。

 

僕はAKGのK240MKIIというこれまた定番と言われているヘッドフォンをもうひとつのリスニングポイントとして使っています。

 

違うヘッドフォンを使ってみると、よりMDR-CD900STの特徴もわかってきますし、これだけではとらえきれなかった音の部分も知る事ができます。

 

MDR-CD900STは少し低域の量感が少ないのかなと思いますね。あと立体感というか、奥行きの距離感があまり感じられません。

というのも張り付くように全部の音域が近くで鳴ってくれるので(´⊙౪⊙)!!

細かい音を聴くのには最高なのですが、どのくらいの距離でなっているのかまでは捉え辛いということです。ないものねだりです。

 

そこでこのAKGのヘッドフォンを使うと上手い具合にこの足りない部分を補ってくれます。

こちらは低域の鳴りも、奥行きの距離感も確認しやすいです。

そのかわり解像度ではMDR-CD900STには及びません、、、、。難しいものです。

 

ヤフオクだったら安価な未使用品も?

 

とにかく普及しまくりの機種なので、オークションにも常に出品されています。

未使用品や、ほぼ使っていない新古品もちらほら。

 

少しでも安く手に入れたい方は是非探してみてください!

 

 

まとめ

 

ミックスでは最終的に、しっかりとスピーカーを鳴らしてバランスをとらなければなりません。

 

しかし、DTMではなかなか良きタイミングで爆音を出せなかったり(夜中)、予算の都合でしっかりとしたモニターシステムを組むのが難しかったり(お金かかります)、とたくさんの制約があると思います。

 

そんな時には、録音ももちろんですが、ミックスの時にもモニターヘッドフォンは強い味方になってくれます。

前述のように足りない部分を補いあえるヘッドフォンが2つ以上あると、かなり理想的なところまでミックスも追い込めたりするので(僕はヘッドフォンミックスが好きデス)

もし音の捉え方に悩んでいる方がいましたら、是非選択肢に入れてみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(ↂↄ̫ↂ)

 

           

【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

日本では2番手3番手のイメージがありますが、世界規模では一番売れています。それも納得な出来!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

しかも!

FOCUSRITEユーザー限定で、毎月色々なメーカーからプラグインが無償提供されるという訳のわからない変態キャンペーンをやり続けています、、、。

1万円ちょいのオーディオインターフェースを買うだけで、キャンペーンが変わるごとに無料でプラグインがDL可能、、、。しかも戦力になるやつも普通に混じってたりします。

はっきり言ってこのサービスだけでも値段以上の価値がありますよこれ!

XLN AUDIOのめっちゃ使えるピアノ音源、addictive keysも初回付属プラグインに標準で入ってます、、、

キャンペーンについてはこちら

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタ、レビューをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト兼コーラス。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-その他

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.