サウンドハウスでポイント10倍還元中!7/31まで!

コンプレッサーの使い方 Logic Pro編【DTM】

コンプレッサーの使い方についての記事です(`・ω・´)

コンプはLogic Proだけではなく、どのDAWソフトでも必須のエフェクトです。

しかし!つまみが多いので使い方が解りづらいですよね(;´༎ຶД༎ຶ`)

この記事では各パラメーターについてざっと書かせていただきます!

*過去記事を加筆修正しました

コンプレッサーの役目

コンプの基本的な役割は音量のばらつきを揃えて均一にすることです。

-Logic Pro付属のコンプ-

つまりダイナミクスを調整すること。

しかし、ただそれだけでなく

  • リズムのグルーブ感を調整する
  • 音の質感を変化させる
  • 過激にサウンドメイクする

などの効果も使い方次第で生み出せます( ・ὢ・ )!

LogicPro付属のCompressorを例にパラメーターごとの基本的な操作を解説します。

コンプはどのDAWでも基本操作は全く一緒です!

コンプレッサーのパラメーターと役割

では各つまみについて左側から順番にざっくり書いていきます!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-10-22-44

INPUT GAIN

トラックで鳴っている音をコンプに送る量を調整します。

THRESHOLD(スレッショルド)

インプットされた音がコンプレッサーに反応するライン(閾値)を設定します。

-50dBの方につまみを回す程反応しやすく、0に回すほどかかりにくくなります。

RATIO(レシオ)

スレッショルドを超えて反応した音をどれぐらい圧縮するかを決めるつまみ。

2:1や4:1などの比率で圧縮量をカウントします。

比率の数字が大きくなる程圧縮されていくので、ダイナミクスのないのっぺりとした音になっていきます。

逆に数字が小さい程元のソースに近くなります。

ATTACK

スレッショルドを超えた音にコンプが反応するスピードを調整するつまみ。

0に近づくほど反応が早く、数字が増えるほどゆっくりと反応するようになります。

RELEASE

コンプの効果が解除されてから、効果が減衰するまでの時間を調整するつまみです、、、

と書くと解りづらいので( ・ὢ・ )

コンプがかかってる時間の長さを調整する、と思いながらつまみを回していればOK。

リリースのとなりにあるAUTOボタンを押すと、自動でリリースを調整してくれます。

細かい調整が面倒だったり、感覚がよくつかめないうちはこのボタンをONにするのがオススメ。

KNEE(ニー)

つまみを回していくと音の圧縮具合を滑らかにできます。

コンプのかかり方がガツガツしすぎな時、ニーを調整すると耳に優しくなります。

MAKE UP

コンプで圧縮されて小さくなった音量を、このつまみを上げることで元に戻します。

AUTO GAIN

ボタンを押すと圧縮されて下がった音量のMAKE UPを自動でやってくれます。

急いでいる時便利です。0dBの方は結構大きいので、-12dBの方から押すのがオススメ。

リミッターについて

Logic Xのコンプは右サイドにリミッターも搭載されているのでこちらも解説します。

リミッターはコンプレッサーの圧縮動作をさらに強烈にしたエフェクト。

基本的な使い方はコンプと同じ!

ですが、ある一定ライン以上の音量を絶対飛び越えないよう完全制限します。

まさにリミッター。

この機能でギターを圧縮しきって壁のようにしたり、キックをパンパンに潰しきってメイクアップすることでEDMなどのキックっぽくしたりします。

音圧をあげるために使用するマキシマイザーもリミッターの一種です。

リミッターのパラメーターと役割

それではリミッターの各パラメーターについて。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-11-00-33

LIMITER ON

このボタンを押すとリミッターがONになります。

作動させると、コンプで整えた音がこちらに流れます。

コンプが前段でリミッターが後段です。

THRESHOLD

コンプの部分と同じですね。スレッショルド。

DISTORTION

歪み成分を加えられます。

歪みが適度に加わる事で倍音を増やし、輪郭を強調させる効果があります。

ここはお好みで。

MIX

リミッターをかけた音と、かけるまえの音をミックスできます。

基本的に右に回しきっておいて、少しずつ左に回していくのがおすすめ。

ちょうどいい具合を探してください。

Side Chain

このボタンを押すとサイドチェインの設定ができます。

サイドチェインについてはまた別の機会に解説させていただきます。

EDMとかの「うーわっ!うーわっ!」ってリズムのグルーブにはこれ使います(*´ω`)ゝ

OUTPUT GAIN

このつまみでプラグイン全体の最終的な出音を調整します。

以上、ここまでが基本的なコンプレッサー/リミッターの操作です!

コンプのキャラクターを変更できる!

さらに、Logicのコンプはキャラクター変更もできます。

赤枠部分のボタンを押すと、パラメータ画面が切り替わります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-11-02-30

これなんか完全にSSLですね(笑)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-11-01-05

元々コンプレッサーはハードの実機がモデルになってます。

DTMが生まれるずっと前は、コンプレッサーはゴツい機材でした。

その回路や形式にも歴史があります。

真空管(TUBE)から始まり、Opto(光学式)、FET、VCAなど、

コンプレッサーの挙動もキャラごとに違うので、色々と試してみると面白いです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-11-02-54

これはLA-2Aですね(´◔౪◔)◞

かかり方がぬるっと柔らかめなのでVoやアコギに合います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-11-01-43

これはForcusriteのREDですな!

VCAは割と万能型!ミックス全体にかけたりするのにも合います。

と、色々切り替えて音のかかり方の違いも楽しんでみてください(`・ω・´)

メーターも切り替えられる!

そして、最後に。

メーター部分も切り替えられちゃいます!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-11-01-19

デフォルトだとアナログなVUメーターですが、GRAPHボタンを押して切り替えると、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-11-01-30

こんなデジタルっぽい画面に。

コンプの動作を目で見るならGraphメーターがおすすめ

パラメーターをいじるとどう音が変わるのか?

視覚的に見れたらわかりやすいですよね。

そんな時はGraphメーターにするのがおすすめです(*´ω`)ゝ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-11-01-30

左の正方形の部分ではTHRESHOLDRATIOを触るとどうパラメーターが変化するのかグラフで確認できます。

勉強になります。

KNEEを回すと音が滑らかになる理屈もここを見るとよくわかります。

右の枠ではATTACKRELEASEの働き具合がわかりやすいです。

白い線がコンプ後、黒い方が元の音です。

まとめ

コンプレッサーは、プラグインごとにパラメーターの増減ありますが、

基本的にこの記事で出てきた項目を理解しておけばばっちりです!

-ここに全て詰まっている-

後はひたすら実践あるのみ( ・ὢ・ )

だんだんと耳でも違いが解ってくるようになるはずです。

コンプレッサーもEQも「こうしておけば良い」という答えがありませんが、

逆に言えばどう使おうがクリエーターの自由ということ!

気持ちいいポイントがユーザーごとの正解です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ