MENU
サウンドハウスで新春SALE開催中!

シールドケーブルを自作する方法!Belden8412とノイトリックで作ってみた。

ギターやベースのシールドケーブルを自作する方法です(´◔౪◔)◞

Belden8412(ケーブル)とノイトリックのフォンコネクターで制作してみました。

マイクケーブルやラインケーブルの自作記事は既に書かせていただいてましたので、シールドケーブルの作り方についても追加です(`・ω・´)

目次

シールドケーブル自作が一番シンプルです

ギターベースのシールドケーブルの自作が、ケーブルDIYでは一番簡単かもしれません。

ただし使うケーブルによりけりなのだなと今回しみじみ思いました、、、。

Belden8412でシールド作るのちょっと面倒ですね、、、。

同じ有名どころだとMogami2534の方が作りやすかったです。

わかってましたが、8412はケーブルが太く、中からゴミがいっぱい出てきます。

材料や道具について

それでは今回シールドケーブル制作に必要だった材料や道具をずらっと並べていきます。

ケーブル

まずはケーブルです。

好きなケーブル、使ってみたいケーブルを、必要な長さだけ揃えてください。

Belden8412はミッドの張り出しがかっこいいと評判のケーブルです。定番(`・ω・´)

フォンプラグ(モノラル)

フォンプラグもピンキリで色々あります。

僕は今回ノイトリックの銀色のやつを選びました。

2本ともストレートにしましたが、片方L字とかもでもいいですね。形状はお好みで!

ちなみに、Belden8412とこのプラグはあまり相性が良くなかったです、、、。それも後ほど。

フォンプラグにはモノラルとステレオの二つの仕様がありますが、

シールド制作ではモノラルを選んでください

一応ステレオでも作れますが、一手間かけないといけないですし、何より少し高いのでお金がもったいないです(`・ω・´)

はんだごて+はんだ

はんだごてやハンダも好きなもの、使いやすそうな物を選べばOKです。

僕は長年これ使ってます。もうすぐ10年ぐらい経ちます。

ハンダは特に大きなこだわりがないので、定番のKESTER44をロールで使ってます。

少数しかケーブルを使わない場合は切り売りのやつで十分です!

Manelord はんだごてセット 温度調節可(200~450℃)ハンダゴテ
Manelord

ニッパー

ニッパーはケーブルの被膜を剥ぐために必要です。

ペンチが一緒に写ってますが、今回必要ありませんでした!

僕はニッパー一本で全て作業してしまいますが、ケーブル線の被膜を剥くのにもっと便利なアイテムがあります。

ワイヤーストリッパーを使えば、更に楽ができ、ミスも減るよう。

でも僕はなぜかずっと使ってません、、、。いいかげんこれ使ってみようかな。

作業台

作業台(正式名称はなんなんでしょう)は必須ではないですが、あると便利です。

手になっているクリップにケーブルやプラグを挟むとはんだづけがしやすいです。

シールド自作では「エフェクター等のジャックにプラグを挿して固定しながらはんだ付けする」という方法も一般的なようです(´◔౪◔)◞

ただ、どうでもいいエフェクターなら流用してもいいかもですが、はんだごての熱が少なからず内部に伝導すると思うので、大事なエフェクターではやめた方がいい気がします。

テスター

これも必須ではないですが、配線が正常なのか?導通チェックができて便利です。

個人的にはケーブル制作で必ず使うので、なくてはならないアイテム( ・ὢ・ )

変なところでショートしていないかを作業しながら確認してます。

デジタルマルチメーター 電気 電圧 電流 抵抗 ダイオード 測定 導通 テスター 小型 LCDバックライト
AstroAI

まとめるとこんな量

全部合わせるとこのくらいの量になります。

ケーブル一本を作ると考えるとで大仰ですね(笑)

完成品を買うと高いわけです。

ただ、一度道具を揃えてしまえば次回からは使いたい放題、作りたい放題!

シールドだけでなく、様々なケーブル制作にも流用できます(´◔౪◔)◞

ケーブル自作は楽しいです。

シールドケーブルの作り方

それでは!

シールドケーブルを実際に作っていきます!

フォンプラグのパーツを確認する

まずフォンプラグを確認します。

ノイトリックのプラグの場合、4つのパーツに別れてます。

実際にはんだ付けするのはこの先端プラグ部分の内側。

ハンダづけは、

  • TIP(チップ)
  • SLEEVE(スリーブ)

という箇所にしていきます。

TIPには音声信号(ホット)の線を、SLEEVEにはグランド線を繋ぎます。

プラグの先端がTIP、胴体部分がSLEEVEとして内部とそれぞれ繋がってます。

あのパーツを先にケーブルに通しておく

そして一番忘れてはいけないのが、パーツのアレを必ず先にケーブルに通しておく事

僕は両方とも作業前に必ず通すようにしています。

これを通さずに両プラグをはんだ付けをしてしまうと、どこからもこれを通すことができなくなります、、、。

はじめにこのパーツは通しておこう!

やり直しになると見栄えも悪くなり、ショートなどの危険も増えるのでお気をつけください( ・ὢ・ )

他のパーツは後からどこからでも装着できるので心配無用です。

*今回は使いませんが、熱圧縮チューブを使う場合も同じくこの時点で通しておきます!

ケーブルを剥く

それではケーブルを剥いていきます!

剥く長さはプラグのに当ててみて、SLEEVE部分より少しだけ長めにしておきます。

ニッパーで一番外側の被膜をムキムキっとすると、こんな感じで中から色々な線が出てきます。

ほぐしていくと、

  • 銀色の金属線
  • 白い線
  • 黒い線

が出てくるので、それ以外の繊維等をカットしていきます

白/黒/銀線を処理する

こんな感じで、銀色の線たち、黒と白のケーブルだけ残していきます。

広がっている銀色の線を一つにまとめます。

次に白と黒の線の被膜をニッパー等で剥きます。

剥く長さはフォンプラグに当ててみて、「こんなもんかな?」と測って決めます。

次に、黒の線を銀色線でぐるっと囲んで一つに撚ります

これで白/HOT線(TIPに接続する線)と銀/グランド線(SLEEVEに接続する線)の2本になりました。

今回黒線を銀線で包みましたが、白線を包むでもOKです。どちらをTIP側にするかはお好みで

フォンプラグに合わせて線をカットする

そしたら実際にプラグに当ててみて、銀線が白線やTIPに当たらないかを確認してみます。

当たるとショートしてアウトなので、銀線が長い場合は当たらない長さまでカットします。

TIPや白線に当たらないように銀線をカットしました。

諸説ありますが、先にケーブル側を軽くハンダでまとめておくのも良いと思います。

あとはプラグに綺麗にはんだしてください(´◔౪◔)◞

はんだ付けする

作業中の写真は撮れなかったので、、、、

ハンダが終わった状態がこちらです。

まあ、こんなもんでしょう、、、、あまり綺麗にできませんでしたあ(´⊙౪⊙)۶

とにかく気をつける点は、白のケーブルと撚った銀線が触れないようにハンダしていく事!

器用な方は更に、美しさにも考慮して仕上げてください!

カバーをかぶせてキュッとやって完成!

カバーをかぶせて、残りのパーツをかぶせれば片側完成!

あとは逆側も同じ手順で作業していきます!

はい、一丁あがり!

完成、したけど今回失敗したこと

ケーブルは無事完成し、テスターで導通チェックもしっかりし、実際に音出しもバッチリいい音でした。

が、

冒頭でも触れましたが今回選んだノイトリックのプラグは、8412には合わなかったのではないか、と感じました。

他のプラグが良かったかも( ・ὢ・ )

あくまで僕の作業環境、作業方法に置いてですが、

Belden8412の太さだと、ノイトリックプラグはサイズ的にかなりギチギチで、僕の場合コネクターを最後まで締め切ることができませんでした。

一応8412はノイトリックプラグの適合径サイズではあったのですが、手が痛くなってここで諦めました。

  CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / P12 モノラルフォンプラグ   サウンドハウス

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / P12 モノラルフォンプラグ サウンドハウス

8412だったら、安いしステレオプラグで使い慣れてるクラシックプロのこれで良かったなあーと思いました。

クラシックプロを使う場合は隙間を埋めるためにも熱圧縮チューブを一緒に使った方が良いかもですね。

mogamiケーブルだったらノイトリックプラグでいけたかもしれません。少しだけ細いので。

でも8412でこのプラグ使っている人の画像もあったので、単に僕がイモなだけな可能性も高いです( ・ὢ・ )

芋野郎の戯言ですが、一応感想を残しておきます!

セミバランスケーブルという方法もあるらしいです

今回僕が作ったシールドケーブルは「アンバランスケーブル」です。

アンバランスケーブルの制作手法に則って作りました。

しかし、シールドケーブルには「セミバランス」という独自の接続方法も存在するようです。

効果がどう違うのかは不明ですが、僕は今後も基本アンバラでシールドは制作しようと思います。

アンバラの別バージョンだと、白と黒の線を一本にして、銀線だけをSLEEVEに繋ぐとかもアリかもしれませんね。HOTが断線しにくくなりそう(`・ω・´)

まとめ

シールドケーブルを自作する方法についてでした!

失敗もありつつでしたが、ご参考になりましたら幸いです!

作り方については間違っていないと思います、、、。

あと、Belden8412はゴミやカスが割とたくさん出てくるので、掃除しやすい環境で制作するのがおすすめです。

ぜひいろいろなケーブルやプラグで楽しんでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Manelord はんだごてセット 温度調節可(200~450℃)ハンダゴテ
Manelord
デジタルマルチメーター 電気 電圧 電流 抵抗 ダイオード 測定 導通 テスター 小型 LCDバックライト
AstroAI

DTM DRIVER!のアナログリアンプサービスについて

当サイトではプロ仕様のアナログ機材を使用したリアンプサービスを行っております!

プラグインでは埋まらない音の隙間を整えたい時、是非ご利用ください(´◔౪◔)◞

リアンプサービスをおすすめする方
  • アナログ実機とプラグインの違いを自分の楽曲で確かめてみたい
  • 本格的な音をリーズナブルな価格で試してみたい
  • メイントラックの質感を整えたい
  • 2MIXにアナログ感を加えたい
  • PC内で作る音の質感が苦手
  • アウトボードを導入するかどうか迷っている
  • 音が薄い気がする
  • 実機を買う前に質感を試したい

こんな方に特におすすめです!

詳しくは以下のページをご覧ください→

お得に機材をゲットしよう!

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。2000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアしてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる