サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

僕がDTM機材をスペック表では選ばない、その理由!

僕個人の話ですがDTM機材を購入する時、音質関連のスペック表はほぼ見ません(´◔౪◔)◞

と言うかほとんど参考にしません!

参考に「ならない」といった方が近いかも、、、。

とは言えスペック表がない製品(特に現行品)と言うのも困るので、どこが必要でどこがそこまで重要でないと考えているのか?

僭越ながら、機材を触ってきて思ったことを( ・ὢ・ )

*あくまで個人的見解です

スペック表で確認するとすれば

僕の場合、スペック表を見るとすれば、

  • インアウトの数はいくつ?
  • インアウトの形状はどんな?
  • 電源は何V?
  • 接続方法はどんなケーブル?

など音質に関係ない部分がほとんどです。

UAやANTELOPEのオーディオインターフェースのような内蔵DSPでプラグインを動かすような製品の場合は、DSPが幾つなのか?とかも確認必須ですね。

ただ、音質部分は全く参考にしていません。

例えば

■ インピーダンス:63Ω
■ 最大入力:1000mW
■ 再生周波数帯域:5~30,000Hz
■ 感度:106dB

こう言うやつです。

 SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST  サウンドハウス

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST サウンドハウス

これはCD900STヘッドフォンのスペックを拝借しましが、こう言う数値は参考にしません。

数字で音はわからない

参考にしない理由ですが、至極シンプルです。

数字を見ても音質は絶対にわからないからです。

聴かないと、絶対にわかりません( ・ὢ・ )

更に言うと、スペック上は劣っていると判断される製品でも、「音楽的」と評される機材が山ほどあります。

ヴィンテージ機材なんてまさにそれですよね。

むしろ経年劣化してこなれてしまった状態の音を愛する音楽家がたくさんいます。

ハード機材に関しては、特にスペックってあまり参考になる軸ではないと思ってます。

周波数特性で音はわからない

周波数特性を表示している商品、または周波数特性を測って「この商品はこれだけ音が伸びてる!」と言うPR記事などをしばしば見ます。

あれらはあくまで参考として見るべきもので、価値の基準にはならない物だと思ってます。

周波数特性が優れているに越した事はありませんが、イコール音が良いとなるわけではありません

と言うか現代機器のほとんどは周波数特性に優れたものばかりです。

ある程度のお金を払えば周波数特性に優れた機材は誰でも買える時代です。

あまりにも微々たるグラフの違いに、僕は意味を見出しません(`・ω・´)

波形で音質はわからない

ここからこの論が始まると言っていいかもしれません!

録音した波形を見ても音質はわかりません

当たり前ですよね。

波形というのはオーディオデータです。

スペックシートと言うのは、言ってしまえば波形と原理的に変わりません。

「目で見て頭で理解するもの」なので。

やっぱり聴かないと、音はわかりません。

だんだん、何を書いているのかわかなくなってきました(笑)

でもこう言うことです。

ただしスペックがない機材も信用できない、、、

すごくわがままですが、とは言えスペック表がない機材も嫌ですよね(;´༎ຶД༎ຶ`)

あくまでその製品がしっかりとした物である、と言う担保の意味でスペック表はあって欲しい!

スペック表はメーカーと僕らとの間の「約束」でもありますよね。

細かく見ないとしても、あって欲しい物であります。

スペックより直感の方を大事にしてます

以上のことから、機材を選ぶ時は音質部分のスペックはスルーしています。

■ 感度:106dB→108dBに向上!

とか見ても全然ワクワクしません( ・ὢ・ )

それよりも見た目がかっこいい方が欲しくなります(笑)

と言うのは冗談で、

やっぱり実機の評判などの情報を自分で集めてピンとくるかどうかを大事にしています。

youtube動画もよく見ます。

アップしてくれている方、毎度本当に感謝いたします!

 MANLEY ( マンレイ ) / Stereo Variable MU サウンドハウス

MANLEY ( マンレイ ) / Stereo Variable MU サウンドハウス

今はこれが欲しくてたまりません(;´༎ຶД༎ຶ`) !たっけえ

情報を集めまくっております。

ただスペックは全然見てません。

まとめ

スペック表についての僕個人の見解でした(`・ω・´)

あくまで接続や電圧など音質以外の仕様はデータで欲しいですが、音に関しては重きを一切置いていません。

「スペック上、AとBどちらが良いのか?」

と言うご質問をたまにいただくので、僕自身の考えを書かせていただきました!

あくまで一意見です(`・ω・´)

違う考えの方を否定するわけではありませんので悪しからずご理解のほどお願いいたします。

音響上のスペックにひたすらこだわることで見える世界もあるのかも?しれません。

当分こう言う点は強調していこうと思います(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました(´◔౪◔)◞

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ