MENU
サウンドハウスのSALE情報を見る

Animals Pedal Rover Fuzzの使用レビュー!見た目を裏切るみっちり濃いファズサウンド!

Animals Pedal Rover Fuzzの使用レビューです(´◔౪◔)◞

最近デザインが刷新されたようで、トレードマークのクマさんに色がつきました。

目を引く真っ白な筐体と可愛いデザインが目を惹くファズ。

でも音はかなりみっちりとしたファズサウンドでした。

試奏動画ありマス。

目次

Animals Pedal Rover Fuzzとは

Animals Pedalは日本は岩手、花巻市を拠点に置くNINEVOLT(ナインボルト)のオリジナルブランド。

 Animals Pedal ( アニマルズペダル ) / Rover Fuzz サウンドハウス

Animals Pedal ( アニマルズペダル ) / Rover Fuzz サウンドハウス

Rover Fuzzはクラシックファズ「トーンベンダー」のサウンドを基にSkreddy Pedalsと共同で開発されたようです。

オリジナルはゲルマニウムトランジスタが使われていますが、Rover Fuzzはゲルマニウムではないよう。

おそらくシリコントランジスタを採用しているものと思われ、その分サウンド面では熱に左右されにくく安定したパフォーマンスを提供してくれます。

コントロールつまみのプリントが特量的で、

  • ATTACK
  • WOOL

というファズでは見慣れない文字が書いてあります。

アタック?コンプ感?WOOL?モコモコ具合?

って思いましたが、その内容は、ATTACKはファズの歪み量WOOLは音の厚みと密度をコントロールする項目のよう。

一体音にどんな変化をもたらすのか?非常に楽しみです( ・ὢ・ )

実物レビュー

それでは実物レビューを!

新デザインは色がついてます。

 Animals Pedal Rover Fuzz 旧デザイン

Animals Pedal Rover Fuzz 旧デザイン

また旧デザインと比べて、フットスイッチの位置をより手前に変更し、電池交換もしやすくなりました。

つまみは3つ。

  • LEVEL 音量調整
  • ATTACK 歪みを調整
  • WOOL 音の密度、厚みを調整

となります。

旧デザインはフットスイッチが真ん中でしたが、右下に移動。つま先で踏みやすくなってます。

電源はセンターマイナス9VDC。スタンダードな電圧です。

アウトプットジャック。

BOSSと比べるとこれぐらいのサイズ感。

厚さはこれくらい。コンパクトですね。

プリントデザイン自体は正直旧型の方が好みでしたが(笑)

ユーザビリティがアップしている点、ありがたい変更です。

ただし、値段は旧型に比べアップしてます、、、。

最近色々な所で値上げラッシュなので仕方がないのかもしれません。

残っている旧型もかなり高騰。

Animals Pedal Rover Fuzzの音をチェック!

それでは音出しチェックを!

連続的につまみを動かしながら音がどう変化するのか?動画に撮りつつ録音してみました(´◔౪◔)◞

録音はあらかじめ用意したフレーズを繰り返しながら、リアンプで取り込んでます。

リアンプでエフェクターの音を録音する手順

リアンプでエフェクターの音を録音していく手順ですが、

STEP
Logic Proにあらかじめギターフレーズを録音しておく

あらかじめLogicに元となるギターフレーズを録音しておきます

Fenderテレキャスを使用

STEP
オーディオインターフェースからラインアウトする

Logicに録音したフレーズをAIFから個別にラインアウトします

AIFはPrism Sound Titanを使用

STEP
リアンプBOXを通す

リアンプBOX(RADIAL Reamp JCR)を通してエレキギターのアウトと同じインピーダンスに調整します

STEP
エフェクターを通す

リアンプBOXからエフェクターに音を送ります

STEP
ギターアンプを通す

エフェクター→ギターアンプに通します。

アンプはそのままラインアウトできるVOX MV50 ACを使用

STEP
再度Logicに録音する

VOX MV50 ACのラインアウトを再度AIFにインプットしてLogic Proに録音します

この方法でフレーズをリアンプしながらエフェクターの動作を確認していきます。

Animals Pedal Rover Fuzzのサウンド実験動画

動画中盤のコード弾きフレーズからピックアップをリアにしています。

その前まではセンターピックアップです。

Animals Pedal Rover Fuzzの実験オーディオファイルのみ

再生音量にお気をつけください!

音の感想

ブリっブリのファズサウンドになりました( ・ὢ・ )

同時期に試したMAD PROFESSOR Fire Red Fuzzの方が扱いやすい音だなーと思いつつ、単音フレーズの時の存在感マシマシな感じはRover Fuzzの味は抜群です。

但し、コードやアルペジオに使うのには向いていないかなと思います。

なんといってもファズですからね、、、。

全く同じ条件、フレーズをMAD PROFESSOR Fire Red Fuzzに通した時の動画がこちら。

Fire Red Fuzzはファズながら、かなり守備範囲が広いです。ファズらしからぬ整ったドライブ感があります。

Rover FuzzのWOOLつまみは、あげていくと確かにぐいっと密度が上がっていきます。

ただ、今回用意したフレーズ系だとちょっとtoo much感があり、見た目の可愛らしさとは裏腹のじゃじゃ馬感が出過ぎてしまいました。

機材はフェンダーテレキャス(メキシコ)とVox使ってます。

Rover Fuzzはソロやリフなど、単音プレイでより力を発揮するペダルかもしれません

ギター側のボリューム/トーンコントロールをいじることも大事かも。

まとめ

Animals Pedal Rover Fuzzのレビューでした!

コードをガシガシ弾く、アルペジオを少し潰したい、というようなシーンよりもソロのような単音フレーズに合いそうなペダル。

WOOLでみっちり密度を上げてブルースを弾いたら気持ちよさそうです(`・ω・´)

ファズはやっぱり癖が強くて難しい、、、けど、このじゃじゃ馬感がたまらない魅力!

勉強します!

最後までお読みいただきありがとうございました!

注目の編曲サービス!

Super dolphinは、今注目のオンライン編曲サービス。第一線で活躍する編曲家チームが88,000円であなたの曲をプロクオリティに仕上げてくれます。

  • 本気でオリジナル曲デビューしたい
  • 勝負曲を一気にブラッシュアップしたい
  • プロと自分の差を知りたい
  • 結婚式で自作の曲を最高の状態で披露したい

例えばこんな方におすすめです。破格!

返金保証つきなので仕上がりに納得できなかった場合注文後でもキャンセル可能無料でオンラインも相談できます(専任スタッフが対応)

お得に機材をゲットしよう!

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。2000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアしてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる