【キター!】サウンドハウスで最大20倍ポイントバック中!

200Vを100Vへ戻すダウントランスについて

200V電源を部屋に引いた話【簡単工事で音質激変!】の続き。

200vに上げた電圧を元の100vに戻すための機材の話です。

電圧を上げたままでは機材が使えません

日本国内は100v。

米国は115v〜120v。

ユーロ圏は230v。

英国は240v。

が基本的な電圧。

日本で手に入れる録音機材も100vが基準ですから、200vのままだと使い勝手が悪いです。

ということで、電圧を元に戻すための機材が必要。

それがダウントランスの役目。

プロケーブルのダウントランスで必要十分です

僕が導入したダウントランスは、プロケーブルら購入したもの。

100Vが4口、115Vが2口付いています。

音響機材を使うには嬉しい仕様になっています!

合計で1500Wまで使うことが使えます。

全部同時に使っても音響用途ではまず容量がオーバーすることはありません

プロケーブルは怪しい?

ところでプロケーブルといえば、以前はかなり賛否両論がわかれる評価をされていました。

主に代表の方がHPで書かれている独特な理論や口調が、色々と突っ込まれてしまう理由であろうかと思います。

敵を作りやすい感じです、、、ʕʘ‿ʘʔ

しかし、お店で売っているもの自体は良質なものが多いと、僕は思っています。

値段も手頃ですし、ぼったくられているという感覚もおきません。

至極良心的なお店だと思います。

プロケーブル電源トランスの画像 【うそ?】プロケーブルって結局どうなの?【怪しい?】

200v用のプレートも付いていて安心

このダウントランス電源ですが、200V用のコンセントプレートも同梱されています。

-わかりづらいですが奥の銀の部分-

電気屋さんに工事してもらった際、コンセント口は付属のものを壁につけてもらいました。

HPより抜粋-

もし工事をする際は、先にダウントランスを購入しておくか、使用したいダウントランスのプラグの形状に合ったコンセントプレートを事前に用意しておいた方が、無駄なロスがおきずに済むのでお勧めします。

プロケーブルの理論が面白い

なぜ200Vから100Vに落とすことで電源の質(そして音質)があがるのか??

プロケーブルが200vに対する誤解につきましてで詳しく解説しています。

理論が気になる方は一度読んでみてはいかがでしょう?

独自の語り口調の文章なので、うさん臭く感じてしまうかもしれませんが(笑)

僕はとても納得できました。

特に100V×2で200vを構成している送電形態が、バランス転送と同じ理屈でノイズキャンセルをしているというところ。

なるほどなあと、スッとしました。

不要なノイズを逃すためのアースの考え方に付いても、非常に参考にさせていただいてます。

バランス転送がノイズに強い理由はバランスケーブルとアンバランスケーブルの仕組みと使い方の違いについて【解説】で詳しく書かせていただいています。

バランスケーブルとアンバランスケーブルの仕組みと使い方の違いについて【解説】

プロケーブルさんはオーディオマニア向けのお店だと思います。

しかし、僕のようなDTMerから見ても勉強になる部分が多々あり脱帽。

ある意味プロの音楽家よりこだわりが強い、、、。

プロケーブル電源トランスのより詳しい記事はこちらです。

プロケーブル電源トランスの画像 プロケーブルの電源トランスを4年間使ってみての感想

まとめ

200Vを部屋に引き。

そしてダウントランスを導入してからわかったこと。

それはいかに自分のミックスが酷いものだったかということ、、、。

録り音に関しても、導入後は、まるでベールがはがれたかのような立体感、力強さを感じられるようになりました。

モニターでは、リバーブの残響がすごく見えるように。

これは導入者の間(友達)でも一番共感しあえる部分。

ああ、宅録最高ヽ(=´▽`=)ノ

アコギのマイク録りもぐっと良くなった気がします、たぶん。

DTMのクオリティを一気に上げるなら、まずは電源環境の構築を全力でおすすめします!

お読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ