MENU
サウンドハウスで新春SALE開催中!

Logicの選択ツール切り替えをもっと楽に!右クリックをカスタマイズ

Logicの選択ツール切り替えを楽にするカスタマイズ方法です(´◔౪◔)◞

右クリックの設定を変えると、かなり時短になるので是非お試しを!

目次

ツール切り替えは疲れる

普通にツール切り替えをしていると手が疲れます(;´༎ຶД༎ຶ`)

これは腱鞘炎のもと!

設定を変えて疲れないようにします。

右クリックでツール切り替えできるようにする

右クリックでツール切り替えできるようにするのがおすすめです!

以下方法です。

環境設定から変える

「環境設定」→「一般」を選択します

「編集」を選択。

「右マウスボタン」の項目を変えると、右クリックでツールの変更ができるようになります。

右マウスボタンの項目がない場合

Logicの初期設定では「右マウスボタン」が出てこない場合があります。

僕は昔まさにこの状態だったので、理由を調べました(;´༎ຶД༎ຶ`)!

出てくるように設定します。

Logicの右マウスボタンを出す方法

右マウスボタンの項目を出す方法です。

「環境設定」→「詳細」をクリック。

一番下の「詳細編集」にチェックを入れます(`・ω・´)

すると、「右マウスボタン」が出てくるはずです!

右マウスボタンを設定する

右マウスボタンが出てきたら設定します。

  • ツールに割り当て可能
  • ツールメニューを開く

    のどちらかがお勧めです。

    ツールに割り当て可能

    「ツールに割り当て可能」を選ぶと、ツールボックスが2つから3つに増えます(`・ω・´)

    右クリックを押すと、一番右に割り当てたツールにカーソルが変わるようになります。

    2つ目はご存知⌘(コマンド)ボタンを押している間、切り替わります。

    ツールメニューを開く

    「ツールメニューを開く」にすると、

    このウィンドウが右クリックで出てくるようになります。

    右にある英語はショートカットキーです。このウィンドウが出ている時だけ有効。

    ちなみにこのウィンドウは、キーボードの「T」を押しても出てきます(`・ω・´)

    カーソルを元のポインタツールに戻す時は、「T」を二回押すと一瞬で元に戻せます。

    色々なツールを多用する方は、こちらの設定の方が良いかもしれませんね!

    STREAM DECKで切り替えをさらに早く

    STREAM DECKというコマンドをボタン登録できるアイテムがあるんですが、僕はこれにツール切り替えのコマンド入れて、お試し運用中です(`・ω・´)

    ペン用のボタンを押すと、「T」→「P」が発動で切り替え。

    フェード用ボタンを押すと、「T」→「A」が発動するようになってます。

    ほんの少しだけですが、時短になっているような、いないような、、、、(笑)

    LOGIC用にはまだうまく使いこなせておらず、、、、こんなに空きボタンがある状態。

    とにかく思いついたらコマンドをいれるようにしてますが、ほとんどフィジコンの方が早いですね、、、

    ブログ更新にはものすごく役に立っております(`・ω・´)

    あわせて読みたい
    Elgato Stream Deck XLのレビュー!ボタンにコマンドを割り当てて作業効率化! Elgato Stream Deck XLの使用レビューです(´◔౪◔)◞ 主にブログ更新の作業効率UPメインで買いました。 DTMのフィジカルコントローラーとしても使えます(`・ω・´) 方々での評...

    今までの右クリックはcontrol+クリックで

    右クリックにツール切り替えを割り当てるので、今までの右クリックは使えなくなります。

    出したい場合は、control+クリックで表示できます!

    ご安心を(´◔౪◔)◞

    まとめ

    Logicの選択ツール切り替えを楽にする方法でした!

    ピアノロールなど、別ウィンドウでは個別に設定することも可です(`・ω・´)

    大体よく使うツールは決まっていると思うので、うまく組み合わせて時短&腱鞘炎防止をしてください。

    最後までお読みたいだきありがとうございました!

    DTM DRIVER!のアナログリアンプサービスについて

    当サイトではプロ仕様のアナログ機材を使用したリアンプサービスを行っております!

    プラグインでは埋まらない音の隙間を整えたい時、是非ご利用ください(´◔౪◔)◞

    リアンプサービスをおすすめする方
    • アナログ実機とプラグインの違いを自分の楽曲で確かめてみたい
    • 本格的な音をリーズナブルな価格で試してみたい
    • メイントラックの質感を整えたい
    • 2MIXにアナログ感を加えたい
    • PC内で作る音の質感が苦手
    • アウトボードを導入するかどうか迷っている
    • 音が薄い気がする
    • 実機を買う前に質感を試したい

    こんな方に特におすすめです!

    詳しくは以下のページをご覧ください→

    お得に機材をゲットしよう!

    サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。2000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

    Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

    PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

    Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

    ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よろしければシェアしてください
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる