MENU
サウンドハウスのSALE情報を見る

【危険?】ギターアンプの電圧をあげると音が良くなるって本当?【理由を知れば安心!】

ギターアンプにつなぐ電圧。

100Vから120Vにあげると音が良くなるって聞いたことありませんか?

そう、確かにそうなることも全然あり得ます。

しかし、一歩間違えると大惨事にっっ(;´༎ຶД༎ຶ`) ぁあ!!

電圧を上げるのならば、ちゃんと知っておきたい大事なポイントについて。

目次

電圧への誤解が招いた悲惨な結果

早速ですが、電圧への誤解が起こした悲惨な話です、、。

ギターアンプにステップアップトランス(115〜120V)を使うと音圧が上がり音が良くなる

この話を聴いた僕の友人が、高価なアンプでそれを試しました。

初めはワイワイきゃっきゃと「すげえ!マジで音が熱い!

「中域の張り出しが濃厚!」だなんてはしゃいでいましたが、、、。

気がつけばスタジオ内に漂いだすなんだか香ばしい香り

ん?

なんか、、アンプから、、、煙が出てない?

アンプが火を吹いた!恐ろしくも単純なその原因

そこからは阿鼻叫喚です。

みんなでパニクりながら、なんとか電源を落とすというカオス状態に。

100V仕様のアンプに120Vの電圧を繋ぐと壊れます!

120Vに電圧を上げた為にアンプが壊れた原因とは!?

100V仕様のアンプに120Vの電圧を繋いだから!!

そう、ものすごく当たり前のことでした。

アメリカ製といえば直輸入品は115~120V仕様のものが鉄板です。

しかし、友人の使用していたアンプはアメリカ製ですが、

彼は日本の代理店でそのアンプを買ったので、電圧の規格がちゃんと日本仕様の100Vで使えるように調整してありました。

つまり、そこに120vを流したから壊れましたのでした。

 FENDER ( フェンダー ) / SUPER-SONIC 22 HD BLND サウンドハウス

FENDER ( フェンダー ) / SUPER-SONIC 22 HD BLND サウンドハウス

100V用の機材に120Vの電圧を流すと壊れます!

絶対にやめましょう

スタジオに充満した煙のなんとも言えない匂いと、彼の半泣きになった顔を今でも思い出します

アメリカ製の機材は115~120V仕様と表記がありますが、これは115〜120Vの間ならokということ。

電圧を上げるとなぜ音が良くなるのかを知っておく

こういうことにならないためにも「電圧をあげると音が良くなる」ってどういう理屈なのか、その理由をしっかりと理解しておくことが重要です。

ギターアンプの電圧をあげると音が良くなるという本当の理由

アメリカから輸入された状態のまま(120v仕様)のアンプに、日本の電圧100Vをそのまま供給しても性能が全開まで発揮されません

その為、120V仕様のままのアンプには120Vの電圧を流す必要があります。

つまり生産国の規格に合った電圧で電気を流してあげれば、その性能が完全に引き出せる、というのが正しい理由。

直輸入のままのアンプには、120v電源を合わせると音が良くなるというのが正解!!
日本仕様のアンプに120vを繋いじゃダメ!ゼッタイ。

アンプの裏の電圧表示を必ず確認する

ステップアップトランスを使った方がいいのかどうかを知る一番簡単な方法。

それはアンプの裏側をチェックすること。

電源コネクター付近に必ず電圧の表示が書いてあるので要確認です!

まとめ

100Vには100Vを。

115〜120Vには115〜120Vを。

230Vには230Vを。

そうすることで機材はその本性をフルにさらけ出してくれます(`・ω・´)

お読みいただきありがとうございました!

注目の編曲サービス!

Super dolphinは、今注目のオンライン編曲サービス。第一線で活躍する編曲家チームが88,000円であなたの曲をプロクオリティに仕上げてくれます。

  • 本気でオリジナル曲デビューしたい
  • 勝負曲を一気にブラッシュアップしたい
  • プロと自分の差を知りたい
  • 結婚式で自作の曲を最高の状態で披露したい

例えばこんな方におすすめです。破格!

返金保証つきなので仕上がりに納得できなかった場合注文後でもキャンセル可能無料でオンラインも相談できます(専任スタッフが対応)

お得に機材をゲットしよう!

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。2000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアしてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる