DIY

Carnhillトランスの導入方法②

投稿日:2016年10月15日 更新日:

に続き、Carnhillトランス導入方法の記事です。

それでは今回は、我々が個人でこのトランスを購入するにはどうすればいいのかを書いていきます。

もし手頃に入手できるのならば、

自分で機材をアップデートすることもできますよね\\\٩( 'ω' )و ///

 

買える場所

 

それではまず、こちらのサイトに行きます。

AML(audio maintenance limited)

このAMLというイギリスのwebショップがCarnhillトランスを個人向けにも売ってくれるのでこちらで購入します。

残念ながら日本国内には購入できる所はないようですので、海外からの輸入になります、、、。

前回、ebayからの個人輸入の話でpaypalの話を書かせていただきましたが、今回はクレジットカードでの決済で購入します。

こちらのお店は、僕も何度か利用していますが(4回程)梱包も丁寧で発送までのスピードも早く、今まで一度もトラブルめいたことはなかったので安心してご利用ください。

選ぶ型番について

 

img_0183

それでは、リンクを押すとまずこの↑ページに飛びますので、Output Transformersの方から行ってみましょう。クリックします。

img_0184

そうしたら一番左上のCA-18-VTB1148という型をAdd to cartします。

他にも型番がたくさんあって迷ってしまいますが、この型のものがNeveクローンのMODバージョンには積まれているので、それに習ってこれを選びましょう。

詳しい方は他のものも?選択肢に入るかもしれませんので、是非仕様を眺めてみてください。

それでは次にInput transformersのページに行きます。

img_0185

ここでは今回CA-18-VTB9045か、CA-18-VTB9045Mを選びます。

この二つは、マイク用のインプットトランスになります。

形は違いますがどちらも仕様は一緒になっています。いい音がしそうな方を選んでください(笑)

ちなみに、CA-18-VTB9045MGolden age projectMODグレードには使われていたと思います。

確か、、、、ですので、ネットに出回ってる写真で確認できると思います。

ちなみに、ライン用やDI入力用のインプットトランスも揃っていますので、必要な方、気になる方はチェックしてみてください。




DI用にも良いですよ

 

僕はこのトランスを使ったDIを自作しています。

今も生ベースのライン録音時にはJDIバージョンとCarnhillバージョンを聴き比べて、曲に対して良い方を選んでいます。愛用していますよー。

CarnhillのDIの音はJDIよりもいい感じにヌルっとして太くまろやかで腰のある音の印象です。

jensenのトランスはパキッとしてソリッドですね。明るい音が欲しいときはjensenが良いです。

 

必要事項の記入、会計の仕方

はい。それではインプットトランスも決まったらこれもAdd to cartします。

そしたら会計しましょう。

右上に赤の字でCheck outというボタンがあるのでそこをクリックします。

img_0186

するとこんな画面になります↓

img_0187

日本までの送料が19.95£(英ポンド)で、

合計金額は76.16£です。

2016・11月現在の為替が、£/¥で127円ほどですので、だいたい一万円以内で送料合わせて収まりそうですね。

他には関税や消費税もこの値段ならかかってこないので(個人輸入の場合16666円以内は無課税)、Totalでこれ以上はかからないです。

 

それでは続けて、

CountryJapanに変えてNextを押します。

するとこんな画面になるので、必要事項を記入します。

img_0188

Invoice Address(請求先住所)の部分は、以前こちらの記事でも紹介しましたが海外からの受け取り先記入の仕方はだいたい同じです。

ご参考ください。

この部分がそのまま受け取り先になります。

Terms and Conditionsにチェックを入れて(一応規約みたいなものが下の方にあるので気になる方は翻訳してしっかり読んでください。変なことは書いてないです)、Nextを押します。

img_0189

この画面になったらあとはPayment method(支払い方法)からCredit cardを選択してまたNextです。

img_0190

カード情報を記入してください。

Expires Endは有効期限。

Varid Fromという項目は普段カードの記入欄であまり見かけないですが、発行した年月日のことです。

有効期限がわかっていれば、そこからマイナス5年すれば(クレジットカードの更新時期により異なります!)開始日になると思います。

正しく入力したら最後にボタンを押して注文完了です!

メールが届くはずですのでご確認ください。

お疲れ様でした!!

 

終わりに

 

それでは次回は、トランスの変更の仕方を書こうと思います。

このトランスの仕様を解説してみますので、Neve系に限らず別の機材でもDIY利用できると思いますのでご参考ください。

お読みいただきありがとうございましたψ(๑'ڡ'๑)ψ!!

 

[blogcard url="http://dtmdriver.com/marinair-li10468%E3%81%A8carnhill-vtb9045/"]

【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

日本では2番手3番手のイメージがありますが、世界規模では一番売れています。それも納得な出来!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

しかも!

FOCUSRITEユーザー限定で、毎月色々なメーカーからプラグインが無償提供されるという訳のわからない変態キャンペーンをやり続けています、、、。

1万円ちょいのオーディオインターフェースを買うだけで、キャンペーンが変わるごとに無料でプラグインがDL可能、、、。しかも戦力になるやつも普通に混じってたりします。

はっきり言ってこのサービスだけでも値段以上の価値がありますよこれ!

XLN AUDIOのめっちゃ使えるピアノ音源、addictive keysも初回付属プラグインに標準で入ってます、、、

キャンペーンについてはこちら

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタ、レビューをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト兼コーラス。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-DIY

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.