サウンドハウスでPayPay決済10%バック中!全額バックも?

ベースやドラムキックの録音におすすめのマイク!定番・プロ御用達はどんなやつ?

ベースやドラムのキックの録音におすすめなマイクの記事です。

例えばプロの現場ではどんなマイクが使われているのでしょうか?

以前知人経由でプロのレコスタにお邪魔してきましたのでその時の記録です(((༼•̫͡•༽)))

使用されていたマイクはやっぱり定番と言われているものでした。

僕らDTMerにも手が届くマイク!

手が出しやすい2本の定番マイク

早速ですが、プロの現場でベースやキックによく使われているマイクがこちら。

AKG D112

たまごマイクAKG D112

-AKG D112-

 

可愛いですよね。

通称たまご

ベースよりもドラムのキックに使われているのをよく見かけます。

キックのフロントの穴に半分差されているイメージ。

プロの現場でも使われています!

ということで、どのくらいの値段なのか?というと。

 AKG ( アーカーゲー ) / D112MKII サウンドハウス

AKG ( アーカーゲー ) / D112MKII サウンドハウス

サウンドハウスだと18000円を切る価格

なんか買えそうです╰(◉ᾥ◉)╯

ダイナミックマイクなので、価格が抑えめ。

音色はふくよかで、アタック感よりも「ウン」って低音の美味しいところを拾ってくれるイメージ。

低音楽器の命ですね。

生録が必要なバンドでもこの価格なら共同資金で買えそうです。

audio technica ATM25

日本が誇る音響メーカー、オーテクのマイク。

audio technica  ATM25!

-audio technica  ATM25-

本体の小ささからは想像できないですが、こちらも低音楽器の定番マイク。

キックにもベース録音にもよく使われています。

これもD112同様ダイナミックマイクですね。

さて、こちらもお値段どれくらいか?というと。

 audio technica ( オーディオテクニカ ) / ATM25  サウンドハウス

audio technica ( オーディオテクニカ ) / ATM25 サウンドハウス

だいたい2万円強。25000円行かないくらい

なんとかこちらも手を出せそうです!

ドラムはマイクがたくさん必要ですが、

ベース録音に限ればDTMでこだわった生録ができちゃいそうですね。

ラインだけだと少し物足りなかったりしますしね、、、。

マイクで録ると、低音がとても芳醇になります。カットする必要が出てくるくらい。

ベーシストさんは是非生録も!

プロならではの贅沢な一本

さて、ここで終わらないのがレコーディングスタジオ。

もう一本、低音楽器収録に非常に評価が高く、値段もお高く、、、歴史も深いマイクがあります。

これがあるからレコスタに憧れます。

NEUMANN U47 FET

ノイマンのマイクです。

NEUMANN U 47 FET

-NEUMANN U 47 FET-

伝説的真空管マイクU47の後継機種。

内部の真空管増幅を、FETというトランジスタで代用しています。

ベースやキック録音に非常に定評があり、今も世界中で愛用されているマイク。

キックは少しオフ気味に立てられていることが多いイメージ。

現行品(復刻品)でもまだ入手可能。

ヴィンテージバージョンと、復刻バージョンで音に違いもあるようです。

Vintage Neumann U47 fet Cardioid Microphone – NICE! | eBay

値段はとってもお高いです、、。

低音の収録になぜ使われているのか?というと、大音量に強いからだそう。

キックのフロントヘッドの前って、めっちゃ凶暴です。

普通だったらあんな位置にコンデンサーマイク起きたくないですからね、、、。

とにかく、ローエンドを美味しく、滑らかに、くっきりと収録できるよう!

もちろん、ボーカル録音や弦ものにも活躍する万能に近いマイクでもあります。

僕も一本欲しいぃいいい!!!!!なあ

ギターを録音してみたい。

生楽器の音はマイクを混ぜて出来上がっている

ということで、低音楽器に使われているマイクの話でした。

もちろん他にも定番と言われているマイクはありますが、ど定番はこの3本なのかなと。

そして、生楽器って一本のマイクやラインの音だけで出来上がっているわけではないんですよね。

特性の違ったマイクを、様々な角度から狙って録音し、それをうまく混ぜていく。

まさにミックスして一つの楽器の音にする。

レコーディング現場でまた勉強させていただきました。

DTMの音源と、生録の音源の違いはこういうところにもあるんですね。

まとめ

AKG D112とオーテクATM25は、チャンスがあれば僕も一本ずつ持っておきたいなと。

そして何より高嶺の花。

U47FETがとても欲しくなった一日でした。

マイク以外にも豊富なアナログ機材によって、DTMとはまた違った音色に溺れる時間となりました。

音が肉厚。

音響の世界は奥が深いです、、、。

地道に頑張っていこうと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ