プラグイン

  (更新日:2018.05.9)

Brainworx bx-dynEQ V2 ②

Brainworx bx-dynEQ V2 の記事の続きになります。

前回ダイナミックEQに関しての話ばかり書いてしまい、全然プラグインのことを書かなかったので、

今回はしっかりと具体的な機能面など書かせていただけたらと思います!

ユーザーインターフェースについて

 

このプラグインはステレオや、さらに高度なM/S処理なんて形態でも使えるのですが、

ここでは一番シンプルなモノでの使い方で解説させていただきます。

 

まず、つまみやボタンがたくさんあって、とてもじゃないですが直感的には使えそうにない画面をしています(・∇・)

マニュアルも僕が持っているのは英文のみなので、英語の成績2だった僕が誤訳を恐れずにPDFを何度も読み返して掴んだ使い方を記します。

 

ざっとつまみやボタンの役割を書き出していきます。

 

 

hidari

Gain in トラックのオーディオ音量をどれだけ読み込むか決めるつまみ。

Gain out  プラグインを通した後の音をどれくらい出力させるか決めるつまみ

attack  エフェクト(EQやコンプ)がかかり出すスピードを決めるつまみ

release  エフェクトが解除されてから減衰するまでのスピードを決めるつまみ。

thresh スレッショルド。エフェクトがかかりはじめる音量を決めるつまみ。

 

mannaka

 

 

dynEQ 上段はダイナミックEQに関する設定のつまみ。

Key 下段はサイドチェインに関する設定のつまみ。

f  EQやコンプがかかる帯域を指定するつまみ。

type EQやコンプがかかるQのタイプを選択するつまみ。Qとは削り方の形のこと。シェルビングやピークなどかなりたくさん形を選択できます。

inv.mode このボタンを押すとエキスパンダーのような動きをするらしい。正直使いどころがよくわからないです。

SC サイドチェイン用のスイッチ。ext.は外部から流れてくる音に対して反応する状態にする。

通常のサイドチェインとして使う場合は、ext.にスイッチを変えます。

読み込んだ音に対してもEQを加えることができますので、反応の幅をここでも微調整できます。

このサイドチェインがダイナミックEQですごく使えます。

これはまた説明させていただきます。

int.はトラック自体で鳴っている音をサイドチェインから再読み込みして、その音に反応してエフェクトがかかる状態にする。

ややこしいですね、、。

流し込んだ音自体のEQを変えられるので、低域を強調したりミッドを抜いたりした自らの音に対して、

エフェクトを反応させたい時に使うという感じですね。

 

 

migi

 

 

max gain ダイナミックEQやコンプがかかった後の、音量の下がり具合を、ある一定より下にさげない為のラインを決めるツマミ。逆リミッターのような役割。×2ボタンを押すと、幅が2倍大きくとれるようになる。

factor EQやコンプがかかったあとの、音量の下がり(上がり)具合をきめるつまみ。エフェクターのかかる量の調整をする。

cut EQやコンプをカットする方向か、ブーストする方向かに切り替えられるスイッチ。

 

%e3%81%8d%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%88

 

動作の種類に関するボタン。

 

、、、とこんな感じで、たくさん調整ポイントがありますが、使い方は慣れればそこまで複雑ではなく感じます。

では、実際にこのプラグインで一番優れていると思える機能を紹介します。

サイドチェインを使ったダイナミックEQがすごい

 

という感じで、このプラグインは普通にコンプもついているし、ディエッサーにもなります。

ただそれだけなら、他のプラグインの方が正直使い易そうだなーと思いますし、これだとつまみも多くてちょっと調整も面倒臭そうです。

しかしながら、それでもこのプラグインを僕が何度も使ってしまうのは、サイドチェインからダイナミックEQを制御出来るという機能を備えているからなんです。

 

同じように高性能なダイナミックEQならizotopeのozoneシリーズのものなど、あっちのほうがそれ単体だと使い安くらいかもしれませんが、サイドチェインができないんですよね。だからこのBrainworx bx-dynEQ V2にやっぱり僕は頼ってしまいます。

 

キックとベースのかぶりを解消する魔法の装置

 

さてそれでは、次回ようやく使えちゃう使い方を書かせていただきます╭( ・ㅂ・)و

ズバリ、キックとベースのかぶりを無くしてしかも両方とも生かす事ができちゃう方法です。

これがうまくはまると、最終的な音圧UPも楽になりますし、低域の暴れが消える事でセンターにある歌にも良い影響を及ぼしてくれます。

これは、コンプやただのサイドチェインにはできない、Brainworx bx-dynEQ V2が使える魔法ですのでそれを次回に(ΦωΦ)

ピックアップ記事

  1. 【2018年】おすすめのマスタリングソフトとマスタリングとミックスの違いについて…
  2. SENNHEISER E935のイケメンな音質!とE945の美麗さを語るレビュ…
  3. STEINBERG UR22mkII レビュー Focusrite Scarl…
  4. 【初心者】DTMに必要な機材、たったこれだけでOKな時代へ( ´∀`)/!!【2…
  5. Elektron Digitone 導入レビュー①

関連記事

  1. プラグイン

    UAD Little Labs vog

    UADのプラグイン Little Labs Voice Of God …

  2. プラグイン

    UAD Neve 1073

    UADのNeve1073プラグインについての記事です!これはも…

  3. プラグイン

    UAD 2 プラグイン おすすめ5+2選 -2年間使ってみて-

    UAD−2を導入してからちょうど二年ほど経ったので、僕”はじまり”的こ…

  4. プラグイン

    UAD UA610-B

    UADの一番始まり中の始まりに位置するプラグイン。UA-610…

  5. プラグイン

    Waves Vocal rider

    Wavesの非常に便利で他で替えの利かないプラグイン。Voca…

Recent Post

  1. 200v電源と壁コン100v電源で録音にどれだけ差が出るのか…
  2. UADのリバーブ聴き比べ!トラックを作って比較してみました!…
  3. UADのUNISON機能で音にどれだけ違いが出るのか実験!【…
  4. SSL 4000Eプラグインの各メーカーごとに音を比較してみ…
  5. TCDのテーマはSEOに弱い?移行してから実際のところはこう…
  6. WAXタイプのコンデンサを録音して聴き比べてみた!【最強!ワ…
  7. 自作オーバードライブにローパスフィルターとバッファー回路を追…
  8. 秋葉原で電子パーツを買おう!オススメなお店と効率的な歩き方
  9. 自作エフェクターの電源を±18Vに変えて実験してみた!
  10. アーユルチェアで腰痛と肩こりと鬱から解放された話
  1. Elektron

    Elektron Digitaktのレビュー。パラメーターロックが火を噴くサンプ…
  2. プラグイン

    SSL 4000Eプラグインの各メーカーごとに音を比較してみた!【オススメはこれ…
  3. マイクプリアンプ

    【2018年度】ガチおすすめのマイクプリアンプTOP3!!【入門編】
  4. 音楽用計算機

    デシベル自動計算器
  5. DIY

    ギターのコンデンサーを変えて音色がどう変わるのか録音してみた!
PAGE TOP