ビンテージ

RFZ W734 EQ

投稿日:2017年9月8日 更新日:

旧東ドイツが誇る音響ブランドRFZのEQの記事です。

ドイツが東西に分裂した冷戦中に、西側の資本主義圏と東側の共産主義圏で、お互い干渉することなく独自に音響技術を進化させていったようです。

西を代表するマイクでも有名なNeumannや、真空管で有名なTelefunken。

それらと同等な技術を持っていたのが、東のRFZです。

冷戦終了で共産主義側が倒れベルリンの壁崩壊で東ドイツは消えましたが、このRFZの研究施設跡地に、現在モニタースピーカーでも有名なADAM AUDIOから新たに独立したEVE AUDIOの本社があるようです。歴史がありますね。

 

 

このサンレコの記事に僕はもの凄く萌えました(///΄◞۝◟‵///)♡↓

 

[urlpreviewbox url="http://rittor-music.jp/sound/feature/2013/10/6568"/]

 

ロマンが溢れ出てきます!特にこんな、冷戦中の昔の無響室の風景が、たまりません。

この写真に映っているEVE AUDIOの代表の方は、元々RFZ所属のエンジニアだったようです。

http://rittor-music.jp/sound/feature/2013/10/6568

音質や特徴

 

この機種は検索でもあまりひっかからないので、あまり市場に出回っていないですね。

と過去に手放してしまったのを少し後悔しております、、、。

ハイとローがシェルビングで、真ん中にあるRESONANZをクリックすると、「コォー」と鳴ってる帯域、が面白い感じに変化していった記憶があります。

エレキギターに使うと音色チェンジもできて良かったですね。

 

中身はこんな感じです。トランスはインプットのみで、アウトプットには搭載されていませんので出力はアンバランスになります。

 

音質は独特で、何にも似ていない感じでしょうか、、、。うまく言えないですが、渋いです。

Siemens系の音から更に水分を奪って、

ハンチングをかぶった味わいのあるおじいさんが、冬のベンチで日の光を慈しんでいるような絵が浮かぶ雰囲気でしょうか、、、。

 

先述のサンレコの記事にも載っていましたが、

RFZは海外で東欧のNeveとも言われ評価されているようです。しかしNeveとは全く違った方向の音作りです。とにかく良い意味で渋いです。

メロトロンのソフト音源をこれを通して鳴らしたら、かなり素敵なサウンドになるのではないか、、、と、そういう音だった気がします。

 

駆動は東ドイツモジュール共通でDC-24Vで駆動させます。

 

RFZ W 734 Schematics/Pinout

 

 

 

まとめ

 

もう出会う事はないのだろうなあ(;´༎ຶٹ༎ຶ`)と思うモジュールですが、

いつか機会があったらもう一度使ってみたいですねえ(՞ټ՞☝☝

 








 

【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

日本では2番手3番手のイメージがありますが、世界規模では一番売れています。それも納得な出来!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

しかも!

FOCUSRITEユーザー限定で、毎月色々なメーカーからプラグインが無償提供されるという訳のわからない変態キャンペーンをやり続けています、、、。

1万円ちょいのオーディオインターフェースを買うだけで、キャンペーンが変わるごとに無料でプラグインがDL可能、、、。しかも戦力になるやつも普通に混じってたりします。

はっきり言ってこのサービスだけでも値段以上の価値がありますよこれ!

XLN AUDIOのめっちゃ使えるピアノ音源、addictive keysも初回付属プラグインに標準で入ってます、、、

キャンペーンについてはこちら

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタ、レビューをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト兼コーラス。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-ビンテージ

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.