DTM

Vocalミックスに使える裏技〜自然なニュアンスを残しつつ声を前に出すコンプ活用術〜

投稿日:

こんにちは、はじまりですฅ(≚ᄌ≚)

 

今回はボーカルのミックスで使える、便利な裏技的方法についての記事です。

「裏技」と言っても、同じような方法を違うやり方ですでに行なっている上級者の方もいらっしゃると思います。

 

その場合は、まあ、スルーしてやってください、、、。

 

この方法は、僕が昔プロのエンジニアの方に教えてもらった手法で、Busの機能を上手く使ったやり方です。

 

「リバーブで声をなじませる」「コンプでダイナミクスを整える」ということがもう当たり前にできていて、もう一歩上のミックスがやりたい!という方に向けて。

 

ボーカルミックスと銘打ってますが、ベースやギター、ピアノなんかにも応用できるかと思います。

それでは♫꒰・◡・๑꒱

スポンサーリンク

コンプ一個、または多段がけで失われる自然なダイナミクスを取り戻す!

いきなり矛盾するようなサブタイトルをつけてしまっていますが、ボーカルミックスの定番と言えば、コンプレッサーを通すこと。

理由はもうみなさんご理解していらっしゃる体としてここでは詳しく書きませんが、主に得たい効果は、ダイナミクスを整えること、それと音の押し出しを強くすることですよね。

グッと前に出す、また音圧を高めて存在感を出す。ボリュームの凸凹をなくす。

特にボーカルなどのメインソースで、コンプを使わないことはほぼないです。

 

しかし、コンプを使うことのデメリットがないわけではありません。

 

ダイナミクスを整えていくと、当然ですが、自然なニュアンスは失われていきます

 

やりすぎると、ぱっつんぱっつんに張り詰めてブレスもやたら大きくなったりと、とても音楽的とは言えないソースに変わってしまいます。

 

ですので、このさじ加減がコンプの使い方の難しいところです。

 

理想としては、自然なニュアンスも残しつつ、ダイナミクスの制御がしっかりできていて、かつ、存在感もあるような処理ができたら、、、きっとプロが仕上げるような音源に近づけるはず。

 

ですのでサブタイトルにつけたようなことができるとしたならば、それは素敵なこと!

ということで考え出された、プロ的手法がありますので行ってみましょう。

 

トラックアウトをBusに送り、ソースを分岐、再度1トラックにまとめて存在を出す

それでは、実際的な方法を。

僕はLogicを使っていますので画像はLogicですが、他のDAWにも当然同じ機能がありますので、そこはご自身のDAWに置き換えてお試しください!

 

まずボーカルのトラックアウトをstereo outからBus1に変えます。

を、

へ。

次にミックストラック画面を開いて、オプションから新規オグジュアリーチャンネルストリップを作成を選んでトラックを立ち上げます。

するとこんな感じでAUX2が立ち上がります。

ここで、もう一つ新規オグジュアリーチャンネルストリップを作成を選んで、AUX3をさらに立ち上げます。

次に、AUX1のアウトをStereo outからBus2に切り替えます

この時、新しいトラックが立ち上がりますがBus2として立ち上がりますが、無視してください。削除してもいいです。

そして、AUX2、AUX3のインプットBus2に切り替えます。

 

ごちゃごちゃしてきましたが、もう少しお付き合いください(((;◔ᴗ◔;)))

 

そして、もう一つ新規オグジュアリーチャンネルストリップを作成を選び、AUX4を立ち上げます。

AUX2、AUX3のアウトプットをBus3へ。AUX4のインプットもBus3へ変更します。

 

お疲れ様です!これで下準備が完了しました。

各AUXトラックのフェーダーを適当に上げた後、ボーカルトラックを再生してみてください。

音がちゃんと鳴っていたら、ルーティング成功です!

ひとまず、ルーティングがどうなっているのかをざっと掴みましょう

あとは、AUX2、AUX3にコンプを挟む、もしくはかたほうWP挟まず素の状態のままにすることで、各フェーダーの上下だけで両トラックのミックスがAUX4でまとまるようになっているのですが、その前に一度ルーティングがどうなっているのかをおさらいした方がよりこの記事で書きたいことがつたわりやすいかと思いますので、ざっくりと。

  1. ボーカルトラックのoutputをstereo outからBus1に変更する
  2. AUXトラックを2つ立ち上げて、それぞれのインプットをBus1に変更することで、同じソース(ボーカルトラック)がAUX2、AUX3に流れるようにする。
  3. AUX2、AUX3を再度1つのトラックにミックスするために、AUX4を立ち上げ、そこにソースが流れるようにインプットとアウトプットを変更する

ということです。

 

これをやることのメリットについては次に。

 

例えば、片方をとてもナチュラルに、片方をバキバキの状態にしてミックスすることで、いいとこ取りができる

例えば、AUX2はほぼ何もエフェクトを挟まないで、録音の時のままの音を保つようにする。一方、AUX3はかなり積極的なエフェクト処理を施すようにします。

それをAUX4でまとめることで、あら不思議!

ナチュラルなニュアンスもありつつ、しっかりと腰の座ったどっしり感もあるトラックが出来上がっちゃいました(ↂↄ̫ↂ)!

さらにAUX4にもプラグインを挟むことで、より細かい最終調整もできちゃったりします。

 

ちょっと痛いなと思うようなソースも、マルチバンドコンプなどで痛いところを抑えたトラックを混ぜたりすると、よりナチュラルに嫌なところを抑えられたりしますよ。

 

これは、ボーカルトラックをDAW上に並列にして(コピペして)それぞれに処理をすることでも、同じ効果を作ることができますが、こちらの方法の方がより効果的です。

なぜなら、分岐した各AUXトラックのミックスの分量をフェーダー1つで変えられることができるのと、ミックス後のトラックの音量もAUX4で簡単に変更できるので(フェーダーで)管理がとてもスムーズになるからです。

 

また、ここではAUXのトラックを2つに分けているだけですが、3つ、4つに分けることで、より多彩なエフェクトを掛けたトラックを最終のボーカルトラックに混ぜることも可能になります。

下準備がちょっと面倒ですが、あとあととても楽ができますよ(((༼•̫͡•༽)))

 

まとめ

Busのセンドやリターンは、使い方がはじめはよくわからない、ぼんやりとした機能だったりしますが、うまく使うと作業効率も上がりますし、今回のような相反するような効果を実現するのにも一役買ってくれたりします。

 

この方法はネットでは出ていなかったと思うので、参考になるようでしたら嬉しいです♡⍢⃝♡

ただ、少し秘密な方法でもありますから、どこかのタイミングで非公開にするかもしれません。

それではお読みいただきありがとうございました。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

キックとベースのかぶりを解消する方法

【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-DTM

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.