UAD

UAD KORG SDD-3000 Digital Delay

投稿日:2017年12月29日 更新日:

こんにちは、はじまりです(((༼•̫͡•༽)))

 

新調したUADプラグインの第二弾レビューです。

 

今回は、UADの中でも最近追加された、デジタルディレイ、 KORG SDD-3000 Digital Delayについて!

どこにもない質感がここにありました

早速、わけのわからないサブタイトルをつけちゃいましたが、このプラグインの独特な柔らかい質感に、僕はデモを試した時一発で惚れ込んでしまいました、、、。

Korgといえば日本の企業で、我々にとってとても馴染み深いメーカーですから、試した時は特に期待せず(ごめんなさい)、「どんな感じなのかな?」というくらいのノリでDemoボタンをポチッと、、、。

そしたら、

 

「!!!!!」

 

ムムム、、、、(;´༎ຶД༎ຶ`;´༎ຶਊ ༎ຶ`;´༎ຶ▽ ༎ຶ`) 、、、、

 

むっちゃええですやーーーん!!!、、、、(☝ ՞ਊ ՞)☝  フォーーーっ!!

 

と、一撃で、音の質感に撃沈させられてしまいました、、、、、。Made in JAPAN!!

 

販売価格も安かったので($199。今はセールで$99です!)侮っていましたよ。こんな良いものをまたプラグイン化してくれてUADにも感謝です。

 

ディレイもさることながら、モジュレーションのかかり方が最高!

エフェクト効果抜群です。

音の質感は、クリアな感じではなく、どことなく霞みがかっていてとても良い意味でアナログチックです(モデリング元はデジタルディレイですけど)

デジデジした嫌な感じが一切ない!(デジタルですけど)

EMT250(UADのリバーブです)と組み合わせたら、もう味まみれで、単なるソフトシンセの音が、大化けします。これ!こういう音質が欲しかった!という個人的な欲望にドンピシャで、、、、ずっとリピートして聴けてしまうくらい濃くマロ。

実機の方は、どうやらギターにつないで使うのが一般的?なようですが、DTMなら何の楽器にもいけちゃいそうですよ。もちろん、ボーカルにも積極的に使いたいです。

実機も復刻版があるようなので、、、、ハード好きな僕としては、これも試してみたいなあ、、、なんて欲も出てきて困ってます、、、と思ったら、もうどこでも買えないみたいですね、、、検索に引っかからない。

残念!、、、、ということで、プラグインになってよかったです☚(꒪ټ꒪☚)

 

UADの空間系プラグインに今後も期待大

UADは特に空間系のプラグインが素晴らしいですね。

テープエコー系も数種類あるので、散々試していますが、できることなら全部欲しいです、、、。

しかし、意外だったのが、デジタルディレイやデジタルリバーブのモデリングプラグインがこんなにカッコ良い音だったということ。

イメージ的には、デジタルの空間系って微妙、、というどうしようもない僕の先入観があったのですが、UADのモデリング技術が素晴らしいのか、それとも実機がただ素晴らしいのか、それとも両方とも素晴らしいのか、、、、わかりませんが、ことごとくデジタル空間系プラグインにはいい意味で裏切られ続けています。

EMT250も最高ですし、AMSのRMS16もめちゃくちゃ良いなーと思いました。RMS16のニューバージョンは、高いですね!セールでも値下がりしない!

うーん、これから先にリリースされる空間系エフェクトにも期待せざるを得ません。

 

KORG SDD-3000 Digital Delayの使い方

このプラグインは、特に使い方をわざわざ僕が書く必要がないほど、直感的に使えますし、むしろ何も考えずにとにかくつまみを回したりしていると勝手に最高なサウンドを与えてくれるので、ズバッと感覚でいっちゃってください。

特にモジュレーションは、ハマると最高です、、、!

個人的にはWavesのH-delayと組み合わせると、さらに素敵サウンドになるので、どハマり中。

ええです、、。

WavesはGold Bundleを買っておけばOk?!

 

まとめ

UADプラグインは安い値段のプラグインでも、やばいポテンシャルを秘めているものがゴロゴロしているので、先入観に左右されず、いろいろデモってみないと勿体ないです、、、、反省中。

みなさまもぜひ、自分にぴったりのプラグインを探してみてください(((༼•̫͡•༽)))

一回プラグインを購入すると、また切れてしまったデモの期間も復活しますからね!スルーしていたやつも、再度試してみると新しい発見があるかもしれません。

 

それでは、良い週末を!

 

 

UAD FATSO Jr./Sr. Tape Sim. & Compressor

 

【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-UAD

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.