UAD

UAD FATSO Jr./Sr. Tape Sim. & Compressor

投稿日:2017年12月28日 更新日:

こんにちは、はじまりです(((༼•̫͡•༽)))

 

UADのセール真っ只中、というかブラックフライデーから始まった年末にかけての大セールもそろそろ終わりを迎えそうですね。

 

かくいう僕も、このセールに乗っかって新しいUADプラグインを4つほど購入しました!

+1プラグイン選べる、Costom bundle3を使いました♫꒰・◡・๑꒱

 

ということで、悩みに悩んだ4つのうちまず一つFATSO Jr./Sr. Tape Sim. & Compressorについてのレビューです。

FATSO Jr./Sr. Tape Sim. & Compressor

 

Empirical Labsといえば、実機のDistressorがあらゆるプロユースのレコーディングスタジオに導入されていますが、そのモデリングプラグインではなくて、僕はこちらのテープシュミ&コンプレッサーのモデリングにぐわっと惹きつけられてしまいました。

このプラグイン、日本語のレビューも全然見かけませんし、実機についてもあまり情報がありません、、、、。

けれども、何度デモで試してもDistressorよりもこっちのプラグインの方がしっくりきてしまったので、自分の勘を信じました。

 

これがDistressor。

 EMPIRICAL LABS ( インペリカルラボ ) / EL8X サウンドハウス

EMPIRICAL LABS ( インペリカルラボ ) / EL8X サウンドハウス

 

すごくよく見ます。

そしてこのUADプラグインも、めちゃくちゃ良かったです(((༼•̫͡•༽)))

ただ、FATSO Jr./Sr. Tape Sim. & Compressorの方がさらにグッときてしまった、、、、。

 

実機もちゃんと売っているんですね、、、。

 EMPIRICAL LABS ( インペリカルラボ ) / Fatso サウンドハウス

EMPIRICAL LABS ( インペリカルラボ ) / Fatso サウンドハウス

 

ただ、こんなに高いとは。とても実機には手が出せません。

プラグイン化してくれてありがたいです。

 

何が良かったのか?

ざっくり言いますと、

 

音にぶっといパンチがドカンと出る!!+オケ内での馴染みが抜群に良かったのが、一番のポイントでした。

 

ダイナミクスの制御、そして音圧の上がり具合が最高(((◞( ・ิ౪・ิ)◟!!これぞUAD!!音の持つ雰囲気もかっこいい!

 

同じことをUADの1176でやろうとしても、音がどんどん細くなってしまうので(1176は音が縦に伸びていくような性質をしているのかな、と最近思います)

それに比べて、FATSO Jr./Sr. Tape Sim. & Compressorは、縦にも横にも大きく音像が広がっていく印象で、特にドラムのステムを流し込んだ時は、最高に気持ちいいですね!

キックもスネアもめっちゃ太くなる(๑꒪⍘꒪๑)。

 

そしてもう一つ、オケとの馴染み方が素敵すぎでした、、、。

 

Distressorよりも、こちらを選んだポイントも、このオケ馴染み。

Distressorは、いい意味でも、悪い意味でも、音が独立して前に来る感じがしました。

 

それが、僕的にはあまり好きな感じじゃなかったなあ、、、、と。

音の質感が立ちすぎると、ミックスしにくい(僕の腕の問題もあります、、、)ですし、前に浮き出させたい場合なら、それこそ自分が持ってるハード機材でコントロールしたいところ。

 

ということで、見た目も新しくかっこいDistressorを差し置いて、少しUIが古臭いFATSO Jr./Sr. Tape Sim. & Compressorの方を選びました。

完全に好みです。

皆様も自分の好みを大事に、僕の書いてる文章など半分受け流してくださいね(((༼•̫͡•༽)))

UADレベルになると、プラグインの良し悪しよりも、好みかどうか、の方が重要になって来る次元の出来なので。

 

使い心地は?

正直、細かいパラメーターや、ボタンの切り替えが意味するところがまだしっかりとわかっておりません、、、、。

ほんと勘でしかまだ使えていないので、これからじっくり英文を読み込んで、この機材の特徴から勉強していこうと思っています。

UADの良いところは、実機がほぼ必ず存在してるので、日本語のマニュアルがなくても、海外から使い方を引っ張ってこれる点です。

 

ですから、マイナーなプラグインでも根気よく向き合えば、使い方がわかるという、、、、。

 

、、、日本語のマニュアルが欲しい、、、。

 

機能については後ほど記事にします

とりあえず、日本語マニュアルがないので、使い方がわかってきたら文字に起こしてみようかと。

 

エフェクトのかかり方が最高ですし、適当にいじっててもそれなりなまとまり方になるので、このプラグインはこれから先がとても楽しみです(๑-ิ느-ิ๑)

 

使い倒してやりましょうか、、、、、メラメラ

【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタ、レビューをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-UAD

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.