Elektron

Elektron Analog Four 3年目のレビュー

投稿日:2017年12月26日 更新日:

こんにちは、はじまりです(((༼•̫͡•༽)))

今回はElektronという最高な機材メーカーについての記事です。

 

僕はDTMerでDAWを中心に音楽制作をしていますが、同じくらいハード機材にも魅了され続けてきました。

まだDTMがホームユースでは今ほど浸透していなかった頃、PCのスペックも低かったのもあり、初めて導入したプロツールスもゴミみたいな音質+遅延がひどく、、、、音楽制作には使い物になりませんでした。

ハイスペックなPCも買えなかったですからね、、、、。今から12、3年くらい前だったでしょうか。

 

そんな頃よく遊んでいたのが、AKAIのMPC3000やkorgのエレクトライブ。僕はバンドマンでしたが、ハード機材を使った打ち込みも好きでした。

デジタルのMTRにリズムを取り込んで、ギターを重ねたデモをよく作っていましたねぇ、、、、ああ、懐かしい。

 

それから時が経ち、PCのスペックも段違いに進化。今では家でCDが作れてしまうレベルのDAWソフトも数多くあり、本当にとんでもない時代になりました。素晴らしいですね。

 

そんな中、今度はDAWに慣れてきてしまうと、どうも昔のハード機材がまた懐かしくなって、PCでの制作に少し物足りなさを感じてきてしまうと言う、贅沢な病が発症することがたまにあります、、、。

 

実はそんな人、僕だけじゃないはず

 

その証拠に、今でもPCで音楽を作るのをあえて避けている変人(失礼、、、)たちの記事をネット上でたまに見かけます。わかります!その気持ち。

実際に指を動かして、つまみを回していく面白さは、マウスのカチカチでは得られない喜びです。

 

僕の場合、DTMからたまには離れたくなるのは、DTMをさらに好きになりたいからかもしれません。

 

と言うことで、もう3年以上すっかりハマってしまっているハードシーケンサー、サンプラーメーカー、Elektronについて、機種別に使用感を書いてみようと思います。

 

このメーカーの出音はほんとに素晴らしいです(((༼•̫͡•༽)))

 

結果的にDTMにもわざわざ取り入れてしまっているくらい、今ではなくてはならない機材となってしまいました、、、。

 

それでは今回はElektronの4ボイスシンセサイザー、Analog Fourについて。

 

Elektron Analog Fourは、The 北欧の音

北欧の音。

と言うものすごく曖昧な表現をいきなりするのもどうかと思いますが、とても北欧チックなイメージがぴったりの音をしています。

と言うのも、メーカーの本拠地がスウェーデンにあるので、僕の中にそのイメージが刷り込まれているのもあるかもしれません(๑꒪⍘꒪๑)

ELEKTRON ( エレクトロン ) / Analog Four サウンドハウス

音が柔らかいです。けれどちゃんと芯があって暖かい質感が簡単に出せます。

逆に硬くて冷たい音作りには向いていないと思います。内部のサーキットが完全にアナログ回路で組まれているのもこの機種の売りなので、いわゆる「アナログの暖かさ」と言った表現がぴったり音ですね。

 

この「アナログの暖かさ」と言う表現。

同じアナログ系シンセ(ここ数年流行っていましたよね)各メーカー、機種によって全然響き方、と言うか受ける質感が違っていて本当に面白いです。当然といえば当然なんですけど、、、、。

日本のメーカーだと、KORGのMS20を所有しているんですが、どんなに設定をいじってもElektronのような空気感は絶対に出ません。その逆もしかり。

だからどんどん、あれもこれも、、、と機材が増えて言ってしまうんですよね。怖い。ほんとに沼の中です。

MS20は実直な感じがします。音は太いですね!パッチを繋ぎまくるのもワクワクできていいですよね。

 

 KORG ( コルグ ) / MS-20 mini サウンドハウス

KORG ( コルグ ) / MS-20 mini サウンドハウス

 

この動画だとanalog fourの音めっちゃよくわかります!トラックも素敵( ꒪﹃ ꒪)

柔らかいですね〜。僕も今すぐいじりたくなってきました、、、。

 

シンセなのにシーケンサーもついてる

上に貼り付けた動画でも出てきますが、Analog Fourにはシーケンサーがついてるんです。

808みたいにボタンをパチパチ押すステップタイプのシーケンスですね。

なので、これ一台でうまく音を組み合わせいけばかっこいいトラックも作れちゃいます、、、、と言いつつ、4ボイスしかないので、だんだんと欲が出てくるようになり、Analog RytmというElektronのリズム専用マシンも欲しくなってしまうんですよね結局、、、。

このリズムマシンに関してはまた次回記事にします。

 

とはいえ、Analog fourでもかなりトラック制作で遊べます

キックやベースの音源パッチも入ってます。キックはパンチや重さが足りないですが、そこは目を瞑りましょう。

むしろエレクトロニカっぽいキックではあります。僕は個人的に好きです、重くないキック。

 

パラメーターロックという超便利機能がDAWを超えてる

そして、ハードに比べて便利なはずのDAWよりも、さらに便利な機能をAnalog fourは備えちゃってるんですよ。

というより、Elektronのマシンに共通して搭載されている機能。

 

それはパラメーターロックという、DAWでいうとオートメーションのような機能です。

 

DAWでオートメーションを書く時ってめちゃくちゃ面倒じゃないですか、、、?僕、あれ大っ嫌いなんですよね。

でも、「ここで一発スネアにディレイをかけて音を飛ばしたい!」という時や「このキックだけコンプをバッキバキにかけて変化をつけたい!」ということ、ミックスをしていく上では避けて通ることはできません。

 

ただ、面倒くさい(∩❛ڡ❛∩)!!

 

DAWだとマウスでカチカチ線引いたり、エフェクトのON/OFFを書き込まないといけないところを、Analog Fourならボタンを押しながらつまみをグリグリするだけで書き込めてしまうんです。

具体的には、オートメーションを書き込みたいタイミングのステップシーケンスのボタンを押しながら、リバーブやディレイのつまみをグリグリしてボタンを離せばそれで終了。

 

たったこれだけです!

 

そして何より、この効果がすごい。

 

シーケンサーは、同じフレーズのループを繰り返すのが基本ですが(音楽ジャンル的にもループがダンスやエレクトロニカの基本ですよね)、ただの単調なループが、このパラメーターロックで驚くほどダイナミックに変わっていきます。

これはやってみないと面白さが伝わらないかと思いますが、自分が作ったのではないようなカッコ良いループが簡単にできちゃいます(( ༎ຶ‿༎ຶ ))

 

ほんとです、、、。

 

そして、パラメーターロックはただのオートメーションで終わりません。

 

なんと、ステップごとにロードしているパッチの中身さえ切り替えてしまうことができるんですよ、、、、。

これがつまり何を意味するのかというと、このシンセは4ボイスなので、DAWに例えるとプロジェクトに4トラックまでしか立ち上げることができませんが、1ステップ(一拍)進むごとに各トラックの音色を変更することができるので、4ボイスとは思えないような多彩なフレーズを作ることができちゃうんです。

しかもエフェクトも一拍ごとに変えることができてしまうという、、、!

 

なので、4ボイスですが、恐ろしいほど音色を重ねているように実質聴かせるができます

 

パターンやSONGも組めるので、パラメーターロックの使い方をマスターすれば(とても簡単です)エレクトロ系の音楽はこれ一台でもかなり深いところまで楽しめます。やばい。

 

リバーブとディレイは単体でもお金取れるレベル!

そして僕がこのマシンをDTMに組み込ませている部分

それがリバーブとディレイです。あとコーラスも!

DAW用のプラグインにも、お気に入りの素晴らしいものがもちろんあります。

UADのEMTシリーズはもう手放せません。

UAD 2 プラグイン おすすめ5+2選 -2年間使ってみて-

しかし、それに匹敵するくらい「これいいわー、、、」っていうエフェクトがこのAnalog Fourに搭載されているリバーブ、ディレイ、コーラスなんですよ、、、!

 

当然、UADプラグインとは質感が全然違います。だから重宝しています!めっちゃかっこいい響き!

 

わざわざこのマシンにDAWからセンドリターンをしているような好き者はそういないかと思いますが、、、、この機種の空間エフェクトはDTMにもとても役立っています。

配線が面倒ですけどね、、、。

 

Elektronの他のマシンにも勿論空間系のエフェクトは搭載されていて、どれもカッコ良いかかり方をするんですが、なぜだかAnalog Fourはその中でも飛び抜けていいです、、、。

これはElektronユーザーの方ならわかってもらえるはず。めっちゃいいですよね?

 

MK2が発売された

そして今年の夏、Analog Fourがアップデートされ、MK2が発売されました!

 

 ELEKTRON ( エレクトロン ) / Analog Four MkII  サウンドハウス

ELEKTRON ( エレクトロン ) / Analog Four MkII  サウンドハウス

 

変更箇所は、内部の回路をさらに改良して音質向上を図ったみたいですね。

 

しかし、、、、他にめぼしい追加機能もなく、外見はカッコよくなっていますが(?)、この内容でわざわざ乗り換える人は少ないのでは、、、。

旧型も値下がりしている(中古市場でも)ので、新しく導入される方は、とても悩まれると思います、、、、。

これは悩みますね、、、、。

 

Elektronの今回のアップデートは他の機種も含めて全般的に「なんでこれ出したんだろう、、、?」と、すこしがっかりした感が、ヘビーユーザーの間でもあったのではと、、、。

 

MK2シリーズが出る少し前にリリースされたDIGITAKTは、なかなか面白いです(これもバッチリ買いました)Analog RytmやOctatrackとはまた違って、純粋なリズムサンプラーとしての個性がちゃんとありますね。

 ELEKTRON ( エレクトロン ) / Digitakt DDS-8  サウンドハウス

ELEKTRON ( エレクトロン ) / Digitakt DDS-8  サウンドハウス

 

 

Elektron Digitaktのレビュー。パラメーターロックが火を噴くサンプラー!

 

終わりに

Analog Fourは初めて買ったElektron製品でしたが、この機種がきっかけとなってこのメーカーの素晴らしさにぞっこんになってしまいました。

そのあとネット上で情報を集めてみても、Elektron製品の中でも一番難易度が低い機種だったようで、入門編としてもちょうどよかったみたいです。

いきなりOcta Trackにいかなくてよかった、、、、。

確かに、ハード機材やDAWに慣れていない人がいきなりOctaに手を出したら、少しきついかもしれないですね。僕も使ってる機能は限定的です、、、。

 

Elektronシリーズはどれも個性的で面白いので、また記事にしたいと思います。

 

PCレスの音楽制作も、たまにやると良い刺激になって新しいアイディアが湧くかもしれませんよ♫꒰・◡・๑꒱

 

 

【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-Elektron

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.