ケーブル プロケーブル

プロケーブルの電源ケーブルで音は変わったのかな?

投稿日:2017年12月7日 更新日:

プロケーブルの電源ケーブルが、数えてみたら10本以上音楽作業部屋にありました!

増えましたね〜(((;꒪ꈊ꒪;)))

 

なるべく、電源タップを使わずにトランスから直で電気をとりたいとなると、長〜いケーブルも必要になってくるので必然的に結構な数集まっちゃいました、、、すっかりお世話になっています。

 

プロケーブルでは電源ケーブルの重要性もトランス同様推しているので、僕も気になり電源ケーブルもDTM用にしっかり揃えることにした結果がこれです。

 

あと、ギターアンプの電源をとる時も、ノイズが乗りにくくなり音のパワー感も増した?ような気もしますね。

これは、リハーサルスタジオの環境でも作用されてくる部分なので、「そんな気がする」という感じですが、、、、ノイズは明らかに減ったと思います( ꆤωꆤ )y─┛

その理由も含めて以下つらつらといかせていただきます。

スポンサーリンク

音響用電源ケーブルはゴツ目です

これはWATT GATE製の電源ケーブル。

挿しっぱなしで撮っているので解りづらくてすみません。

プラグの部分はでっかいフランクフルトぐらい幅があります。

 

こっちはマリンコ製のもの。一昔前のプロケーブルでスタンダードだったやつですね。

電源ケーブルの画像

メス側。しっかりしてます。

電源ケーブルの画像

オス側のプラグ。なんでもメッキがされていないというところがポイントのようです。

電源ケーブルの画像

普通のプラグは銀色ですよね。あれはメッキされているんですと。

五円玉色をしています。アースがしっかりとれるように三芯です。

 

そして、ホスピタルグレードの文字。医療用のプラグを音響用に転用しているんだそう。

電源ケーブルの画像

んー、いつもても所有感を感じるケーブルです。

 

メッキされているものはダメ?

プロケーブルが豪語するには、プラグ部分がメッキされているものは音がダメになってしまうらしいです。歪みが増えて、キンキンしていくのだとか、、、、、。

 

この理論については僕にはよくわかりませんが、マリンコ製のものはとりあえず医療用にも使われているプラグということで、なんだかすごそうだと思って使い始めました、、、ってバカみたいですね( ꒪﹃ ꒪)

 

けどしっかりした良き効果もありました!

 

がっしりとコンセントにはまってくれるのと、3芯でアースをちゃんと落とせるのが何よりのメリットだと思います。これ大事です。

 

電源ケーブルがしょぼいやつだと、解りやすくノイズが乗ってきたりすることがマジであるので(環境により)電源ケーブルもちゃんとシールドされていて、アースが取れるものは録音用途には絶対に用意しておいたほうがベターです。

 

ほんとひどい場所だと電源にノイズが乗りまくっているので、、、、録音どこじゃなくなってきます。

 

自作もできる?

実は、この電源ケーブルはネットを漁ればパーツでも売っているので、自分で配線して自作することもできます。

僕も10本中3本は自作ものです。

特に半田をしたりすることなく、配線をプラグ部分のネジで締め付けるだけなので、割と簡単な作業の部類に入ると思います。

ただ電気を扱う部分なので、ある程度の知識と経験が必要にはなってくるかと、、、、。

 

これもググれば、自作の方法が引っかかってくると思うので、気になる方はトライしてみてください!

 

秋葉原とかでも部品売ってますよ。マリンコのプラグのところとか1000円代で買えたような記憶が、、、。どうだったかな(((;◔ᴗ◔;)))

 

プロケーブルが推していたBELDEN 88760の使用感について

 

音は良くなるのか?

正直僕は、これはプラシーボなんじゃないのか?と思いつつ、良くなっている気はします。

けど、そんなつもりになっているっていうだけと言われてら反論できなくらいのですね。

 

200vの電源工事からのダウントランスの効果は目に見えて違いがわかりますが、電源ケーブルはどうなんでしょう(´・ω・`)

 

良くなっていると信じたいです。

一応こだわってしまった後ですからね、、、。

 

世の中にはとんでもない値段の電源ケーブルが存在するが

DTMerには必要ないでしょう( ゚∀゚)

WATTGATEがあれば十分です。

というか、これ以上はムリ!

 

しかし、オーディオマニアの方々には是非とことんいってほしいですね。

もはや常人の住む領域ではないところで、どんな音を聴かれているのか非常に興味があります。

そんなブログを読むのが僕の楽しみの一つです(*´・ω・`)b

すごいっす。

 

まとめ

DTMをある程度まで突き詰めていくと、電源ケーブルも非常に気になる存在になってくるかと思います。

そしてそれは間違っていません!

宅録の精度をあげたい人にはおすすめですよ。

 

理由はアースをしっかり取れると、細かなノイズの問題が消えるからです。

耳に直接聞こえないようなノイズでも、音には干渉してきます(このせいで音がぼやけたり、なまったりします)

 

なのですっきりクリアな録音を目指すなら、電源環境の構築はとても効果的!

ちゃんとシールドされた電源ケーブルの導入はそんな効果をもたらしてくれますよ。

 

できたら、はじめに200Vの導入をしておくと更に良きです。

 

200V電源を部屋に引いた話

 

【うそ?】プロケーブルって結局どうなの?【怪しい?】

 

プロケーブルの電源トランスを4年間使ってみての感想

【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-ケーブル, プロケーブル

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.