RFZ W734 EQ





 RFZ W734 EQ

 

旧東ドイツが誇る音響ブランドRFZのEQです。

ドイツが東西に分裂した冷戦中に、西側の資本主義圏と東側の共産主義圏で、お互い干渉することなく独自に音響技術を進化させていったようです。

西を代表するマイクでも有名なNeumannや、真空管で有名なTelefunken。

それらと同等な技術を持っていたのが、東のRFZです。

 

冷戦終了で共産主義側が倒れベルリンの壁崩壊で東ドイツは消えましたが、このRFZの研究施設跡地に、現在モニタースピーカーでも有名なADAM AUDIOから新たに独立したEVE AUDIOの本社があるようです。歴史がありますね。

 

 

このサンレコの記事に僕はもの凄く萌えました(///΄◞۝◟‵///)♡↓

 

 

ロマンが溢れ出てきます!特にこんな、冷戦中の昔の無響室の風景が、たまりません。

この写真に映っているEVE AUDIOの代表の方は、元々RFZ所属のエンジニアだったようです。

http://rittor-music.jp/sound/feature/2013/10/6568

音質や特徴

 

この機種は検索でもあまりひっかからないので、あまり市場に出回っていないですね。

と過去に手放してしまったのを少し後悔しております、、、。

ハイとローがシェルビングで、真ん中にあるRESONANZをクリックすると、「コォー」と鳴ってる帯域、が面白い感じに変化していった記憶があります。

エレキギターに使うと音色チェンジもできて良かったですね。

 

中身はこんな感じです。トランスはインプットのみで、アウトプットには搭載されていませんので出力はアンバランスになります。

 

音質は独特で、何にも似ていない感じでしょうか、、、。うまく言えないですが、渋いです。

Siemens系の音から更に水分を奪って、

ハンチングをかぶった味わいのあるおじいさんが、冬のベンチで日の光を慈しんでいるような絵が浮かぶ雰囲気でしょうか、、、。

 

先述のサンレコの記事にも載っていましたが、

RFZは海外で東欧のNeveとも言われ評価されているようです。しかしNeveとは全く違った方向の音作りです。とにかく良い意味で渋いです。

メロトロンのソフト音源をこれを通して鳴らしたら、かなり素敵なサウンドになるのではないか、、、と、そういう音だった気がします。

 

駆動は東ドイツモジュール共通でDC-24Vで駆動させます。

 

RFZ W 734 Schematics/Pinout

 

 

 

まとめ

 

もう出会う事はないのだろうなあ(;´༎ຶٹ༎ຶ`)と思うモジュールですが、

いつか機会があったらもう一度使ってみたいですねえ(՞ټ՞☝☝

 








 



GUTE-URLS

Wordpress is loading infos from rittor-music

Please wait for API server guteurls.de to collect data from
rittor-music.jp/sound/feature/...

Top