現行品

TUBE-TECH PE 1C EQ

投稿日:2017年8月6日 更新日:

デンマーク製のスタジオ鉄板のメーカーTUBE-TECHのEQの記事です。

ジョン・ピーターセンさんによる設計。

インスパイア元は、伝説の真空管EQのPULTEC EQP-1。

 

PULTECのEQP-1を現代風にアレンジしたのが本機の前身「PE-1A」。

そして今も現行で販売されているのがその後継機であるこの「PE 1C」になります。

真空管式出力/パッシブEQ

 

"真空管式のEQ”ということですが、真空管が作用している部分はEQの部分ではなく、最終の音の増幅部分だけです。

 

EQ部分は電力を使わないパッシブ方式になっていて、IC等電力で動かす部品を使ったEQに比べて音響的に歪みが少ない方法と言われており、元になっているPULTECがもう完成形として伝説的名機になっている程に、このパッシブ方式は他に替えが効かないシステムと言えます。

 

TUBE-TECHのPE 1Cは真空管がECC82×1本、ECC83×1本 と、今でも手に入れるのが容易な型なので、自分好みにチューブを交換して音をアレンジする楽しさもありますよ(∩❛ڡ❛∩)

 

そして肝心な音質に関してですが、真空管というと”ウォーム”や”ざらついている”というイメージを持たれる方も多いと思いますが、こちらはとてもクリーンで歪みを一切感じない音質を出してくれます。透明感があり、ツヤっとした感じでしょうか。

 

EQのブーストもカットもとても滑らかに、自然に効いてくる感じです。これも嫌な歪み等一切なく「つるつやクリーン」という感じがぴったりな音です。

 

逆に倍音感や太さなどは、あまり付加される感じではなく、ここが元のモデルとなっているPULTECとはちがう所なのかもしれません。

 

まとめ/感想

 

とにかくこのメイカーの機材はプリアンプからコンプまで、あらゆるレコスタで見ないことがないというほど導入されています(((༼•̫͡•༽)))

それだけ柔軟に色々なジャンル、演奏に耐えられるということなのでしょう!

 

僕はヴォーカル素材のちょっとしたピークカットや、ドラムのキックをDAWからアウトして取り込みしたりしてますが、面倒ですけど結果はいつもGoodです!

またつまみだけを見てぐりぐりと音を変化させていけるので、視覚にたよることなく気持ちよさを探れるのも、

ハードならではの良さかもしれません。

 

またプラグインでも精密なモデリングがなされています!

実機と比べた事がありますがかなりの完成度で、びっくりするぐらい近い質感でした(((;◔ᴗ◔;)))

 

 

■真空管式プログラムイコライザー、3U ■入力インピーダンス 600Ω(2HOTバランス、トランス付) ■出力インピーダンス 60Ω以下(2HOTバランス、トランス付) ■ゲイン調整範囲 0dB ■歪率 0dBm/0.15%以下(THD+n @40Hz) ■+10dBm/0.15%以下(THD+n @40Hz) ■最大出力レベル +26dBu以上(1% THD+n) ■最大入力レベル +21dBu以上(1% THD+n) ■周波数特性 5Hz~40kHz(-3dB) ■使用真空管








【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-現行品

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.