プラグイン

Brainworx bx-dynEQ V2 ②

投稿日:2016年10月31日 更新日:

Brainworx bx-dynEQ V2 の記事の続きになります。

前回ダイナミックEQに関しての話ばかり書いてしまい、全然プラグインのことを書かなかったので、

今回はしっかりと具体的な機能面など書かせていただけたらと思います!

ユーザーインターフェースについて

 

このプラグインはステレオや、さらに高度なM/S処理なんて形態でも使えるのですが、

ここでは一番シンプルなモノでの使い方で解説させていただきます。

 

まず、つまみやボタンがたくさんあって、とてもじゃないですが直感的には使えそうにない画面をしています(・∇・)

マニュアルも僕が持っているのは英文のみなので、英語の成績2だった僕が誤訳を恐れずにPDFを何度も読み返して掴んだ使い方を記します。

 

ざっとつまみやボタンの役割を書き出していきます。

 

 

hidari

Gain in トラックのオーディオ音量をどれだけ読み込むか決めるつまみ。

Gain out  プラグインを通した後の音をどれくらい出力させるか決めるつまみ

attack  エフェクト(EQやコンプ)がかかり出すスピードを決めるつまみ

release  エフェクトが解除されてから減衰するまでのスピードを決めるつまみ。

thresh スレッショルド。エフェクトがかかりはじめる音量を決めるつまみ。

 

mannaka

 

 

dynEQ 上段はダイナミックEQに関する設定のつまみ。

Key 下段はサイドチェインに関する設定のつまみ。

f  EQやコンプがかかる帯域を指定するつまみ。

type EQやコンプがかかるQのタイプを選択するつまみ。Qとは削り方の形のこと。シェルビングやピークなどかなりたくさん形を選択できます。

inv.mode このボタンを押すとエキスパンダーのような動きをするらしい。正直使いどころがよくわからないです。

SC サイドチェイン用のスイッチ。ext.は外部から流れてくる音に対して反応する状態にする。

通常のサイドチェインとして使う場合は、ext.にスイッチを変えます。

読み込んだ音に対してもEQを加えることができますので、反応の幅をここでも微調整できます。

このサイドチェインがダイナミックEQですごく使えます。

これはまた説明させていただきます。

int.はトラック自体で鳴っている音をサイドチェインから再読み込みして、その音に反応してエフェクトがかかる状態にする。

ややこしいですね、、。

流し込んだ音自体のEQを変えられるので、低域を強調したりミッドを抜いたりした自らの音に対して、

エフェクトを反応させたい時に使うという感じですね。

 

 

migi

 

 

max gain ダイナミックEQやコンプがかかった後の、音量の下がり具合を、ある一定より下にさげない為のラインを決めるツマミ。逆リミッターのような役割。×2ボタンを押すと、幅が2倍大きくとれるようになる。

factor EQやコンプがかかったあとの、音量の下がり(上がり)具合をきめるつまみ。エフェクターのかかる量の調整をする。

cut EQやコンプをカットする方向か、ブーストする方向かに切り替えられるスイッチ。

 

%e3%81%8d%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%88

 

動作の種類に関するボタン。

 

、、、とこんな感じで、たくさん調整ポイントがありますが、使い方は慣れればそこまで複雑ではなく感じます。

では、実際にこのプラグインで一番優れていると思える機能を紹介します。

サイドチェインを使ったダイナミックEQがすごい

 

という感じで、このプラグインは普通にコンプもついているし、ディエッサーにもなります。

ただそれだけなら、他のプラグインの方が正直使い易そうだなーと思いますし、これだとつまみも多くてちょっと調整も面倒臭そうです。

しかしながら、それでもこのプラグインを僕が何度も使ってしまうのは、サイドチェインからダイナミックEQを制御出来るという機能を備えているからなんです。

 

同じように高性能なダイナミックEQならizotopeのozoneシリーズのものなど、あっちのほうがそれ単体だと使い安くらいかもしれませんが、サイドチェインができないんですよね。だからこのBrainworx bx-dynEQ V2にやっぱり僕は頼ってしまいます。

 

キックとベースのかぶりを解消する魔法の装置

 

さてそれでは、次回ようやく使えちゃう使い方を書かせていただきます╭( ・ㅂ・)و

ズバリ、キックとベースのかぶりを無くしてしかも両方とも生かす事ができちゃう方法です。

これがうまくはまると、最終的な音圧UPも楽になりますし、低域の暴れが消える事でセンターにある歌にも良い影響を及ぼしてくれます。

これは、コンプやただのサイドチェインにはできない、Brainworx bx-dynEQ V2が使える魔法ですのでそれを次回に(ΦωΦ)




【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-プラグイン

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.