プラグイン

UAD Little Labs vog

投稿日:2016年10月23日 更新日:

UADのプラグイン Little Labs Voice Of God Bass Resonanceの記事です。

このプラグインは、一見地味なインターフェースと少ないツマミやスイッチの数のおかげで、パッと見「何のプラグインだろう??」という印象を受けますが、めちゃくちゃ強力なオンリーワン系プラグインです!

当サイト一位二位を争うほどオススメのプラグイン!

製品の説明書きをはじめて読んだとき、低域補正のプラグインというくくりっぽかったので、WavesMAXX BassRenaissance Bassと同じような使い方と効果が得られる感じなのかなと、あまり期待もしなくデモで走らせてみたんですが実際トラックに差してみたら思った以上に、というか想像以上に、あまりにも自然に低域を盛る事ができてしまって、僕は声を漏らして笑ってしまいました。

 

さんざん迷ったあげく、その日の終わりに震える指で購入の”ポチっとな”をしたのは、今でも間違っていなかったと思っています。

スポンサーリンク

vogのヤバい部分

 

プラグインの購入ページの説明が大げさでないことってあるんだなと思えちゃう効果が得られるます。

 

Voの重心をコントロールできるって書いてあったので、ちょっとVoトラックにさしてみたんですよ、デモした始めに。

 

そしたら胸なりの部分がほんとに自然な響きを増やした時には、一気に購入予定リストのトップ5に入りました。

なんかEQでローのあたりをちまちまいじるような、そんな感じじゃないんですよね。なんかな感じなんです。下手したら、無かった音の部分まで生成されているんじゃないかって錯覚するくらい、EQとは違う低域の鳴り方を加えられます。キンキンした歌とか、EQで痛い所をカットするのも手ですが、こういう低域加えるプラグインで下を盛ってあげてからコンプで調整していくと、そっちの方からコンプに当たっていって潰れて伸びていくので、結果的に声がマイルドにすることもできるという。そんな処理の方向にも気づかせてくれたプラグインです。

 

他にもドラム(リズム)のミックスバスに差してキックの部分を全体で調整したり、ベースをライン録音のみでとったときに、ちょっとマイクっぽいロー感が欲しいときにvogで下を足して調整してみたり。と、低域系楽器には面白い効果を生んでくれます。

 

マスタリング前の低位域補正にも使えるらしいですが、さすがに僕は2ミックス以降には使う勇気がまだありません、、、( ε∀ε )

この部分にはあまりこの手のプラグインは使わずに、、、できるようにしたいなあって、生意気に思っております。

というか思い切って全体の、しかも最も判断しづらい、、低音部分を盛るなんて、チキンな僕にはまだまだ無理です、、、。

 

という、こんな悩みにまで発展してしまう程、効果の深さが絶大なエフェクトです。

 

正直MAXX BassとRenaissance Bassとは、ちょっと扱える次元が違う所にきちゃっている気がしました。これからも僕は、低域をどうにか直したいしたいときはvogをまずファーストチョイスするでしょう。

 

ボタンを押してつまみをまわすだけ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-23-41-50

 

操作の仕方は至って簡単です。直感的って感じですね!

40のボタンをひとつ押しで40Hzをターゲットに。

100ボタンひとつ押しで100Hzを。

40と100のボタンダブル押しで、200Hzがターゲットに変わります。

下のflatボタンはその名の通り、バイパスさせてエフェクトのかかり具合を比較するためのボタン。

 

周波数帯を決めたら、あとは、つまみを回していい感じになるところまで調整していくだけです。

amplitubeが盛る量。

frequencyは、ボタンでターゲットにした周波数から左右にポイントをずらして、盛る中心を微調整できるようになっています。

つまみは、デジタル表示されないアナログな回転しかしないので、ある意味目で惑わされずに、耳で感じて調整してねっていうメーカーからの思いやりを感じます。

あとは、使い手がぐりぐり動かせば、必ず良いポイントを掴めるよ、っていう自信みたいなものも感じますね。

 

まとめ

 

地味な見た目とは裏腹に、非常に強力なある意味ズルできちゃうプラグインです。

っていったら怒られちゃうかなあ◝(๑⁺д⁺๑)◞՞

 

 

いやはやプロの道具というのはすごいものがたくさんありますね。

プロはかけるべき所をしっかり判断して時間をかけられるが故に、プロフェッショナルなのかもしれません。

 

僕もいつかはそんな判断力を手に入れたいものです。

【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-プラグイン

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.