DIY

ebayから音響機材を個人輸入する方法

投稿日:2016年9月14日 更新日:

今回は音響機材を海外から仕入れるためにebayというオークションサイトの利用方法を書いていこうと思います。またはそのメリットなども。

機材の相場をチェックできる

 

e bayの利用を始めてから、音響機材の値段の適正値が以前よりも解るようになりました。

 

僕はヴィンテージ機材のモジュールや中古の音響パーツを集めたりするのが好きなので、よくヤフオクや音響の個人専門店などをネット徘徊していますが、日本の中だけだとどうしても探したいものに限界があったり、日本国内の相場で値段が決まってしまっているので世界基準の相場で見たら物によっては、

 

「えらく高いな」

 

なんてことを今では思えたりもします。

 

e bayを始めたきっかけは、どうしても欲しい機材で日本で手頃な値段で扱っているお店がなかったので、ある日思い切って個人輸入をしてみました。

 

始めはやり方や、e bayのルールにとまどったり、やはり海外から直接購入するとなると保証の問題や言語のハードルなどもありますから購入するまで不安だったのですが、実際購入するところまで辿り着いてみると思ったよりも簡単に買えるものなんだなあと、画面越しに映っている目当てのヴィンテージ機材を眺めながらポチった瞬間のことを今でも良く覚えています。

e bayのことを知ってから、より機材の相場も解りやすくなったので、ヤフオクなどでも冷静に入札ができるようになった気がします(笑)

 

為替の影響で国内よりもずっと安く買える時がある

 

 

そしてもうひとつ個人輸入の面白い所は、為替が絡んでくるので、日本が円高になると海外から日本の国内価格よりも随分安い価格で商品を手に入れることができるようになるところです。

新品の機材の場合は国内の正規代理店から購入しないとバックアップをうけられないなど、注意が必要な部分もありますが、僕がよくさがしているヴィンテージ機材などはそもそもが中古品なので、海外だろうが国内だろうがあまり関係ありません。この点は音響機材でも買うものによりけりで判断をしていった方がいいですね。

 

2012年の夏頃には1ドル78円くらいの円高だった記憶がありますが、その頃は特に海外のオークションサイトや音響のショップから機材やパーツを安く仕入れることができて、すごく楽しかった思い出があります。

 

ただ為替についてはこれはコントロールしようもないことなので、円安が進んだ時は逆にヤフオクや国内の業者さんから購入を検討するなど、ある程度の判断は持てるようになったほうが懸命です。

 

逆に日本国内と海外と、購入先をその時々で選択できるのは、消費者にとっては大きなアドバンテージになるのじゃないでしょうか。

 

※ebayでの買い物は基本的にクレジットカードが必要です!銀行振込はできないものだと思ってください。

理由は最後の方にでてきます。



ebayにアカウントの登録をしよう!

 

e bayを利用するにはまずアカウントを作なければなりません。

 

eBay.comにアクセスするとこんなTopページが出てきますので、

 

image

 

画面右上の人の形のアイコンをクリックします。

するとこんな画面に飛びます。

 

image

 

新しくアカウントを作るには右上のRegister をクリックして、会員登録の情報入力画面を呼び出します。

 

image

 

空欄に記入する内容ですが上から順に、

1、email  自分がmメインで使いたいメルアドを書いてください。

2、Reterner email  メルアドを確認のため再入力してください。

3、Password ログイン用のパスワードを入力してください。

英語と数字を両方必ず組み合わせないとダメです。

4、First nameは名前を、Last nameは姓を入力します。

5、Mobile phoneは携帯の番号を入力する項目ですが、デフォルトだと地域がアメリカになっているので、ここは国旗を日本に変えて+81の数字が出てくるようにします。

その後に入力する電話番号は、頭の0を抜かして入力するようにします。

例えば、08012345678という番号なら、+81 8012345678となるようにします。

全て入力し終わったらRegisterを押して登録完了です。

こんな画面になります。

image

Continueをクリックするといよいよログインをした状態でe bayのサイトに入れます。

image

 、、、おつかれさまでした!

これでアカウントの作成は終了です!




欲しいアイテムを検索してみよう!

 

ここからアイテムを検索してみましょう。

image

右上の虫眼鏡のアイコンをクリックして、目当てのアイテムのキーワードをうちます。

試しに「Tube」と打って真空管を検索してみましょう。

すると検索結果が出てきます。

187万件も関連オークションがでてきました(汗)

image

「Tube」というワード一つだとに、さすがにかくたくさん検索に引っかかりますね、、、。

もっと細かく絞りたい場合は、「Tube」の後にスペースを入れてよりピンポイントのワードを記入すれば絞り込めます。

今回はこのまま適当にスクロールして、指を離して止まったアイテムを、このブログの記事のために試しに買ってみることにしましょう(笑)

アイテムを落札みよう!

 

適当に流した結果、これに決めました!

image

NECの真空管です。何の用途に使うのかさっぱり今は思いつきませんが(笑)、これを試しに買ってみましょう。出品者の方はアメリカ在住の人ですね。

image

価格は9.99ドル、日本までの送料(Shipping)が7ドルです。合計約1800円ほどですね。

Buy it Nowのボタンを押すと、これで購入の手続き完了です。ヤフオクで言う所の「即決」と同じですね。

ちなみにこのオークションではBuy it NowAdd to cart(カートに入れて後でまとめて買う)とWatch(ウォッチリストに追加する)しか選択項目がありませんが、

例えば次のようなオークションもあります。

image

これも僕の大好きな機材の「Neve」で適当に検索したオークションですが、 Place Bidというボタンがあります。

これは、ヤフオクでいうところの「入札」に当たります。

このように基本はヤフオクと同じ入札方法でオークションを楽しめるので、ヤフオク経験者の方はすぐに馴染めると思います。

それでは先ほどの続きで、真空管をBuy it now(即決)で落としてみましょう。

するとこんな画面になります。

image

Quantityというのは「数量」ですので、もっと数を増やしたい場合は数を+で足してください。

今回はこのまま数量を変えずに、Commit to buyを押して落札を決定します。

これを押すと出品者に商品が購入されたと通知され、ebayのシステム上でも「購入が完了した」と記録されることになります。

これもヤフオクとほぼ一緒ですね。

次に、初めてのアカウントで商品を購入した場合だけ次のような画面が現れると思います。購入者情報の記入欄です。

image

  1. Japanの部分は自分の受け取り先の国名です。
  2. Street address1は、番地やアパートマンション住まいの方はここに部屋番号も記載してください。基本的に国外向けに住所を書く場合は、書く順序が日本とは真逆になります。例えば僕が、中央区日本通り4−5ダイアハイツ405号室という場所に住んでいたとしたら、405,daiahaitsu,4-5,nihondori,chyuo-kuというように記入します。これは慣れるまで時間がかかりますが、国外ルールということで頑張って受け入れてください。
  3. Street address2は、Street address1以外で必要な情報があれば記入してください。
  4. Ctiyは市や区を記入します。
  5. Stateは都道府県を記入します。Postal codeは郵便場号です。
  6. Mobile phoneには携帯番号を記入します。

 

全て書き終わったら、Continueをクリックします。

 

moza

 

こんな画面になります。

モザイクかかってるところが僕の受け取り先住所と電話番号です。

ここで入力に問題ないかを確認します。

OKなら、

 

moza2

 

赤文字になっているPlease selectという部分をクリックします。

ここは、支払い方法を選択する場所です。

クリックすると何パターンか支払い方法が出てきますが、

 

基本的にebayでの支払いはpaypalを使うことが鉄則です。

 

他の方法を選んでも、ろくなことにならないので、Paypal一択でebayで支払いをすることにします。



支払い方法はPaypalで!

 

paypalも自分でアカウントを作らなくてはいけないので、こちらの記事で登録方法を紹介しまています。

※paypal利用するにはクレジットカードが必要です。

 

全般的に、海外からのネットショッピングはクレジットカードが必須です!現金で銀行振込をやっていたら手数料で結構とられてしまいますし、トラブルに合った場合は対応のしようがないことにもなりかねないので、クレジットカード、できたらPaypalでの決済を全面的におすすめします。

 

別記事でも書かせていただきますが、Paypalは買い手側に非常にアドバンテージを置いているサービスなので、買い手側としては多いに利用価値があるサービスです。

 

ということで、ここでの支払いはPaypalを選択します。

 

moza3

 

そして、本当にこれで最後です!!

 

place orderを押して、全ての手続き完了になります。

 

これで後は、売り手側からの発送を待つのみになります。



まとめ

 

いかがだったでしょうか??一度手順を踏んでしまえば、2回目以降はもっとスムーズに買い物ができると思います。

 

そして、これまででお気づきになられた方もいると思いますが、特に問題が起こらなければ、このまま一切売り手側とメールでやりとりをすることもなく買い物ができちゃいます。

 

なので英語でやりとりすることも、こちらから質問したり、運悪くトラブルが起きたりしないかぎりはありません。

 

まあ、10回くらい買い物したら、一回くらいは何か相手にコンタクトをとらなくてはいけない機会も起こると思いますが(笑)。

 

でもそんなことも楽しみながら、海外の人と繋がっていると、結構新鮮だったりもしますよ。

 

ネットの無料翻訳サービスにぶちこんだ日本語でも、相当難解なことを書かない限りはだいたい伝わったりもしますし。僕は英語力が14歳くらいで止まってますが、必死こいて単語調べながらメールを打つと、今まで言いたいことが伝わらなかった事は一度もありませんし、慣れてきた後はちょっとした値切り交渉なんかも駄目元でしたりして、うまくいくこともあれば露骨にいやがられたこともあったりと(笑)、そんなの含めて気楽にe bayで遊んでいます。

 

楽しんだもの勝ちです!

音楽と一緒ですね。

 

長めの記事になってしまったので、もうここで一旦終わりにします!

 

次回はe bayでよくあるトラブル(というか日本の常識とは違う部分が元になるトラブルも多いです)について、気をつけるべき点を記事に書けたらと思います。



【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタ、レビューをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-DIY

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.