Vintage

Neve 3415

投稿日:2016年8月2日 更新日:

Neve 3415という、マイクプリアンプやラインアンプとして使える、OLDのモジュールについての記事です。

Neveといえば1073や1272といった型が非常に有名ですが、この3415もそれらにひけをとらずに、太く音楽的な響きを与えてくれます。

しかも、1073がモジュール単体で一台数十万円!という恐ろしい値段なのに対して、、、3415はヤフオクやe bayなどで、だいたい8〜10万以内と比較的リーズナブルな価格で入手する事ができます。

価格差を帳消しにするほど、というかむしろ僕個人としては1073や1272よりも、3415の音の方が好みです。

色気や色彩感は1073系統の方が豊かな気がしますが、3415は”ズシン”としながら滑らかで、とてもいい低域の位置でベースを鳴らしてくれるのが重宝する感じです。ヴォーカルにもいいですね。

 

neve 3415 4

 

ただ、これらはモジュール状態なのでこのままでは、インプットもアウトプットも電源もボリュームも無いのでこのままでは使えません。

 

入手した後に、回路図と数週間にらめっこしながら当時自分で配線やハンダ付けをして、ケースに組み込みDIYラッキングしました。

このラッキングは、その後色々なオールドモジュール機材を自分で動かす際の良い経験になりました。

 

 

img_0149

 

この固体にも搭載されてる”MARINAIR”というトランスが、とにかくNeveの音の特質を決定づけていると言われています。

このトランスも色々な型番が存在しますが、高いものだと4〜5万円くらいするという、、、機材が普通に買えてしまう値段がついていたりします。恐ろしいですよね。

 

ただ、それでもNeveやMarinairの人気が常にあり続けるのは、その何にも代え難く、何度もCDやレコードで聴いたあの音を鳴らしてくれるからです。

 

聴けば「ああ、なるほどなあ、、、」となります。

 

もし、モジュールを手に入れるチャンスがあった場合は、ラッキングサービスを行なっている業者さんや、はめ込むだけで音がもう出せるケースを販売してる方も探せばいらっしゃるので、是非トライしてみてはいかがでしょう!

 

音楽を作る上で、本物の音に触れる事はとても重要だと僕は思っています。

プラグインの使い方なども、ハード機材を使ってその挙動を感じると(どのように音が変化していくのかなど)また新しい感覚と共に理解が深まっていくという不思議な実体験も何度もありましたので、実機に触れる機会は、僕自身もなるべく多く作っていきたいと思っています。

 

img_0148

 

このプリアンプの音や、プロスタジオで1073の音を生で聴いたあとに、UniversalAudioのneve1073のプラグインを聴くとまた何とも言えない衝撃を受けます、、、。たまげますね。

 

プラグインのモデリング技術の進歩も、もの凄いレベルに来ているのだなと実感します、、。

 

もし、DIYで自分でラッキングしてみたい!

 

というチャレンジャーな方は、こちらのサイトを参考にされると非常に勇気が貰えると思いますよ。

 

他の記事も、とにかく内容が深く濃いので、とても勉強になるサイトです。

 

僕も意味が分からないながら何度も何度も記事を読ませていただきながら、試行錯誤してDIYのやり方を覚えていきました(笑)

 

初めて音が出た時は、誇張なしでもの凄く感動。

 

そして他のヴィンテージ機材の音も聴いてみたい!

 

と、また深みにはまっていくことになるのでした、、、。

 

ハード機材はとても魅力的です。

 

スポンサーリンク







【初心者】おすすめのオーディオインターフェースTOP3!

 初めて買うオーディオインターフェースはどれがいいんだろう、、、?

と迷っている方に、当サイト運営者機材オタクのhajimariがガチでオススメする機種TOP3がこちら!

これを選んでおけば後悔することはまずないでしょう(◍ ´꒳` ◍)b

最安値は、いつも安定のサウンドハウス!   

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G2

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2

コスパ最強!音質もこの値段帯では考えられないくらい高品質で、録音再生共に文句なしな性能を誇ります!

初めて導入するなら、Scarlettで間違いなし!デザインも◎

開発元のFOCUSRITEは、伝説的な機材を数々生み出してきたRupert Neve氏も一時期在籍していた、由緒ある英国機材ブランド。

標準装備のマイクプリの作りも手を抜いていません!時代に即したハイファイ感で纏め上げているさすがな音。個人的にも大好きな機種。

STEINBERG UR22mkII

 STEINBERG  UR22mkII

オーディオインターフェースの人気機種、鉄板といえばこれ! STEINBERG UR22mkII !

大人気なDAWソフトCubaseの開発元でもあるドイツSTEINBERG社の製品なので、質実剛健と言った言葉がぴったりな安定した音質が特徴。

付属でついていくるCubaseの簡易版も、初めて操作するDAWソフトとして人気が高く、ある程度DTMに慣れてから完全版を入手するのも一つの方法としてお勧めできます。外しません!

 

BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

とにかく導入の費用を抑えたい!

まずはDTMって、オーディオインターフェースってどんな感じなのかを知りたい!

という方にはこれ!BEHRINGER ( ベリンガー ) / UM2

安かろう悪かろうのイメージが若干強いベリンガーの製品ですが、このオーディオインターフェースはトラブルも少なく、値段を超えたパフォーマンスを提供してくれるので人気が非常に高い機種です。

上記2機種には音質が若干劣りますが、価格を考えれば素晴らしい出来。

とりあえず!という場合には一番おすすめな一品。

  • この記事を書いた人

hajimari

サイト運営者の”はじまり”と申します。 DTMに関連する記事を中心に、音楽系のネタ、レビューをまったり執筆中。 喉ケアマニアなギタリスト。DIYで機材を作ったり直したりするのも好きです。

-Vintage
-, , , ,

Copyright© DTM DRIVER!! , 2018 All Rights Reserved.